FC2ブログ

25年もの

我が家のモンキーは25年ものですがほとんどなんの部品も交換せずにそのまま乗ってます。

タイヤも当時もの・・・・すごいでしょ!(いやいや、交換しろよ!といわれそうですが)

タイヤの状態からたぶんチューブも大丈夫だろうといままで確認したことがありませんでしたが

でもホイル内側のサビが心配なのではじめてホイルを割って見ることにしました。

P9190232.jpg

25年の時を経てホイルの中身を見てみます

P9190233.jpg

ホイルを割ってもホイル太郎はでてきませんでした(あ 桃太郎にかけたんですがつまんなかったですね。もし入ってたとしても餓死してたでしょうけど・・・・)

内側は若干サビがありますがたいしたことなさそうだし、チューブなんかぜんぜんなんともなし、よかった。

P9190234.jpg

サビを落としてやりました。

P9210238.jpg

リヤ側もたいしたサビではないです。チューブも問題なし。

P9210239.jpg

サビを落として磨いてやりました。

P9210240.jpg

組み付けて終了

余計な出費にならずよかったです

散財

ひさびさにモンキーネタです。

まえからちょっと気になってたんですがマフラーカバーのメッキがちょっとくすんでいたので手に入るうちにと新品を購入しました。

P9170230.jpg

新旧並べて見ると 上が旧 下が新

「あれッ?・・・おもったほど違わねぇ~」

もっと劇的にちがうとおもったんだけど・・・・・散財ですが、まあ いいです。


で、まえに洗車したときにマフラーカバーはずしたらネジに付いていたガスケットのワッシャーを片方なくしてしまったと思っていたんです。

P9170226.jpg

そしたら

無くしたんじゃなくて片側に2枚つけてるんじゃありませんか・・・・アホ

そうとは知らずにご丁寧に自分で作ろうとポンチを買ってきてしまいました。

P9170227.jpg

外径を打ち抜く大きいほうとネジの通る穴のちいさいほうと2種類、ガスケットはちょうど同じぐらいの厚さのものがあったのでこれを使います。

部品で取ればおそらく数十円で済むものを無駄に金をかけております。

しかも必要無かったもののため 散財ですね。

まあ必要なくなったんですがせっかくだから予備をつくっておこうということで

P9170228.jpg

外径の丸を打ち抜きました

P9170229.jpg

内側の穴を抜いたらバラバラになりました

何回やってもバラバラになり一個も作れませんでした

買ったポンチはもう使うこともないでしょう・・・・・アホーッ

P9170231.jpg

そして交換した本人しか分からないであろう新品マフラーカバー

「やっぱ 違うな~新品はッ!」って無理におもいこんでます(本心では、フツーに社外マフラーつけたほうが良くなかった? と思いました)。

        自己満足 < 散財

また来たよ、佐渡

佐渡へ佐渡へと草木がなびくようわれわれ二人も23日夜佐渡へ向けて出発しました~

P4240063.jpg

夜中新潟港に着き仮眠して朝方4時半ごろから乗船準備

P4240301.jpg

雲行きはあやしいもののまだ天気はもってます。

P4240071.jpg

6時ちょうどの~ おけさ2号で~ じゃなく、おけさ丸で新潟港から出港~

P4240304.jpg

2時間半後、両津港に到着

予報どおり天気はあまりよくないですねー

午後はほぼ確実に雨のようなので、予定を変更してまずはドンデンに先に登ろうということにしました

P4250321.jpg

両津港からそんなに遠くないです

すでに雨がポツリポツリと落ちてきましたがまだカッパを着るほどでもないのでいっきにドンデン山頂まで

P4240077.jpg

標高千メートルほどで勾配もけっこうきつくノーマルモンキーではヒーコラいいながら、やっとこさ登ってきました

道路に雪はありませんでしたが、まだ雪渓がかなり残ってます。でもそんなに寒くはないですねー。

佐渡在住のshibaさんの情報によるとこの道は前日冬季道路閉鎖が解除になったばかりだそうです ラッキー

P4240075.jpg

両津港を見下ろせましたが生憎の空模様で残念

天気が良ければ本州の山並みも見渡せるようです

P4240074.jpg

ここでカッパを着て、来た道を両津まで戻りそこから海岸線一周をスタートします

P4240079.jpg

県道45号海岸一周線道路を反時計周りでおよそ200kmの距離をスタート

P4240311.jpg

いちばん北側に突き出た岬を越えたところの大野亀まで走ってきました

ここまで信号ひとつもなし、一台のクルマにも抜かれることがありませんでした まさにモンキー天国

小休止して次は島のくびれの反対側、相川まで走り休憩。店で焼いたピザを持ってきたのでそれを道沿いのあづまやで食べました。

このあたりにくると風が凄く強く写真を撮るのもままなりません。

で、ここから残りおよそ半分の100km。現在12時過ぎ、帰りは16時のフェリーなのであまり時間の余裕がなく給油だけしてノンストップで両津まで走ることに

いぜん雨は降っているものの2台のモンキーはいたって快調で満開の桜並木を追いかけっこしながら両津まで無事完走しました。

走り出してからおよそ6時間。ずっと雨のなかを当初の目的、ドンデン山と海岸線一周をみごと完走しました

あのー、もしかしたらこれを読んでくれている方が 「雨のなか、モンキーで6時間も走るなんてさぞかし辛かったろうに、お気の毒様」などどおもわれたかもしれませんが・・・・・・・それがねェ めちゃ楽しいんですよ!  途中、止まるごとに「アハハ~ッ 楽しいですね~」「ほんと 楽しいねェ」 と言い合ってたMライダー二人なんです。

もともと雨のなかを走るのは嫌いじゃないし、自然相手ですからね。 自然をより感じられる乗り物がバイクなんだから雨も楽しんでしまおう、ということでとてもたのしい佐渡一周でした。

両津港に着き会長がいつも寄る定食屋さんで食事

P4240085.jpg

カレイの焼き魚定食

美味しくいただいてからお土産やに行き買い物をしているとshibaさんが私たちを見つけてくれました。

P4240090.jpg

shibaさんはダックス70とタイカブに乗り、バイクのほかにもいろんな趣味を持って楽しんでおられる私と同年代の方なんです(ブログもやっているのでリンク先に加えさせてもらいました)。

P4240088.jpg

フェリーの時間が迫っていたのでちょこっとしかお話できなかったのが残念ですが、握手をしてまたお会いしましょうと約束しました。

shibaさんにはお土産までいただいてしまい船に乗ってから見てみると

P4250319.jpg

ダックス甲号とおんなじミニチュア!

これすごい! 細部まで甲号といっしょだ。

shibaさんありがとうございます。こんな素敵なプレゼント。かりんとうも美味しかったです。

P4240317.jpg

そして2時間半後、まだ明るいうちに新潟港へと戻ってこれました。

今回ずっと雨のなかでしたがソメイヨシノ、ヤマザクラ、八重桜が同時に咲いている佐渡は秋に来たときとは違ってとても華やいでいました。そんななかをモンキーでストレスを感じることなく思いっきりはしれてとてもたのしい旅を満喫することができきました。会長、今回もありがとうございましたッ! そしてshibaさんもありがとう~!またあいましょう。



ふたたび佐渡へ

昨年10月に佐渡マイスターの会長に連れられてはじめてモンキーで佐渡一周してきました。

200kmくらいの距離を一周するあいだ後ろからクルマに抜かれたのは数回、信号も数個、なにより一周するあいだずーっと海を見ながら走れたという記憶がいまだ焼きついてます。

モンキーにとって理想郷の島

その佐渡にまた行ってきまーす

あさって火曜の夜、店を閉めてから迎えに来てもらったワンボックスにモンキーを積んで一路新潟港へ。
仮眠して朝6時のフェリーで佐渡に渡りそのまま一周して夕方のフェリーで新潟に戻りその日のうちに帰るという前回とおなじパターンです。
前回は時計回りに一周したので今回は反時計回りに回ろうということになってます。さらに予定通りの時間で一周できたら佐渡全体を見渡せるどんでん山に登る予定なのでノーマルモンキーでは走りっぱなしになるらしいです。
まあそれも冬のあいだほとんどモンキーに乗ってなかったので走りっぱなし望むとこです。
ワーハッハー楽しみだー。

天気が良ければ最高だなー、さらに放鳥されたトキでも見られればうれしいですねー、前回は走りながらきょろきょろしてたんですが見ることはできませんでした。

トキといえばきのうニュースで放鳥したトキの卵が孵化したっていってましたが卵を産んだメスがどっかいってしまってオスが抱卵してヒナを孵したそうですね。そのメスはあろうことか他のオスと巣作りをはじめていたというなんとも節操のない感じですがまあ野生のトキ復活に向け頑張ってるととらえたほうがいいんでしょうか。
メスに逃げられたオスのトキ 後姿に哀愁が漂ってました トキの世界もいろいろとたいへんなんですね、応援したいです。

それでは無事に帰ってきましたら報告いたします。
プロフィール

パスタおやじ

Author:パスタおやじ
メインは07カブプロになりました。通勤、仕事、ツーリングの相棒です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR