FC2ブログ

先達の教え

ゴリラのキャブのオーバーフローの続きです

コメントから「フロートバルブの入る穴の掃除を」というアドバイスをいただきました

P1310956.jpg
右下よりの丸い穴ですよね、ここにフロートバルブが収まります
自分なりに掃除をやったつもりでしたがこうなればアドバイスにしたがってもういちど・・・・・

と、そのまえに気になるところを

P2030973.jpg
キャブ内に溜まったガソリン抜きのドレンの穴です
下にぼやけて写っているスクリューボルトで普段はふさがってます
ここも怪しい部分なので問題のないモンキーのフロートチャンバーごと移植してみました

P2030969.jpg
ゴリラのキャブボディにモンキーのキャブの下側のチャンバーを移しました

ドレンに問題があったのならこれで漏れはとまるはず・・・・・・

結果は

期待をもたせつつ引っ張りに引っ張って40分ほど経ってからチョロチョロと漏れました。

もう泣きません。たんたんと次の作業にうつりましょう。

こういうことだろうと思いあらかじめ百均でフロートバルブの穴掃除用の綿棒を買っときました。

P2030974.jpg
百均はなんでも売ってますね、フロートバルブ掃除用の綿棒なんて需要があるんですかね?(これを見つけたときにはひとりニンマリしました・・・・・)

P2030971.jpg
ピカールでグリグリ掃除してみましょう

P2030972.jpg
これはまさにPAキャブフロートバルブの穴掃除専用綿棒です。こんなにきめ細かな品揃えにはおそれいります、百均おそるべし(でもなぜかメイクアップ用綿棒と偽装して売ってましたが・・・・・それがホントだろ)

念入りにしつこいぐらいグリグリやってやりました

そうしてその後

30経ち・・・・・・・・・まだまだ

一時間経ち・・・・・・・いやまだまだ

2時間経ち・・・・・・・・おッ?大丈夫 いやいや油断は禁物

一晩経って・・・・・・・・おおおーッ 漏れてなーい! いやここで気を緩めるな

丸一日経って・・・・・・・漏れてなーい!漏れてなーい!万歳万歳万歳!


見事オーバーフローが治まりました

先達の教えに感謝いたします ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オーバーフロー直って良かったですね。その手の綿棒があったのですね、オイラも買ってきます。

ジム兄さんへ


オーバーフロー直ってすっきりしました。

いやいやほんとおあつらえむきの綿棒があったのでビックリしました
ダイソーで手に入るとおもいますよ、バイク用ではなくメークアップ用です(笑)

問解決して良かったですね。(ヾ(´・ω・`)
 家の規制強化前のスーパーカブ 昔CDの純正ピストンの加工肉抜きピストンを組み付けをしようと
分解を初めたら…我慢出来なくていろいろ加工して作業ご進まなくなりました。(゜_゜;)
 もう少し暖かくなったら完成させるつもりです。(。・_・。)ノ

No title

お久でおま

ニードルジェットは超精密部品なんで目に見えない微小なゴミでも不具合が起きることがありますね。

先日から調子の悪かったファンヒーター。
高い設定温度にしても温度が上がらず、炎が小さい。また風力も弱い。
燃料の供給不足と見込んで灯油のフィルターを清掃(綿ぼこりが溶け込んだゴミが結構あった)、その下の受け皿もポンプで一旦抜いて清掃(ここにも先ほどのようなゴミやパッキンのカスみたいなのがあった)。
で見事に復活。とりあえず快調になりました。

やはり機械モノはノーメンテのほったらかしはダメですね。

中年手前の年さんへ


おかげさまでオーバーフロー止まりました、ありがとうございました。

さっそくカブのほういじってるわけですね(笑)
どんなエンジンに仕上がるか楽しみです。

名無しさまへ


お久しぶりです。
といっても名前が・・・・(想像はついてます 笑 )

ちょっとした不具合でもまともに走らなくなるんでほんとキャブって精密にできてるんですよね。
クルマやバイクの進化とともにキャブも進化してきたんでしょうけどそれらが出始めのころのキャブっていったいどんな代物だったのだろうかとかんがえちゃいます。いまのような精密さは望むべくもないでしょうからまともに走らせることができたのが不思議です。

ファンヒーターまでメンテしちゃうんですか、モノを大事にするおこころは立派とおもいます。

No title

ハハハ、名前抜けてましたね。
いかなる持ち物にも"ときめく"貧乏性なので完全に壊れるまで捨てれない性分なんです。
飽きたものもガン無視放置ですがなかなか捨てられません。

前回は吸気トラブルでコテコテの埃の塊を掃除して頻繁に起きた換気エラーは解消したけど
今回のは燃料系と睨みました。
と言っても気化器の分解清掃はムリ。
そのためにクリーニングボタンなるものが存在する。
オートバイだとキャブクリーナーをシュ~に相当するんでしょうね。
火、空気、燃料が正常だと基本オートバイは動く。
ファンヒーターも同じ・・・との信念で燃料系を掃除したら無事復活です。

ちなみに埃の塊っちゅうやつはなかなか強力で、以前トイレの埋め込み式換気扇が不動になった原因がこれでした。

名無しさまへ


あれ、まだ名前伏せたままですね(笑)

なるほど、バイクと一緒と考えればファンヒーターの修理もできてしまうのですね。
そうするとビックキャブつけたりボアアップなどカスタムに走ってしまいそうでこわいですね~

うちにもちょうどあんまりあったかくならないファンヒーターがあるので挑戦してみようかな・・・・
プロフィール

パスタおやじ

Author:パスタおやじ
メインは07カブプロになりました。通勤、仕事、ツーリングの相棒です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR