FC2ブログ

2月も半分過ぎて

2月ももう半分以上すぎてしまいましたねー
28日までしかないからもうあっというまに3月になってしまいそうです

商売やってるとニッパチといって2月、8月は暇だといいますよね。
うちら8月はお盆休みが稼ぎどきでもあるんでまああれですが、2月はたしかに暇です、はい。

でも営業中は暇でもさすがにバイクいじりはできないんでひさしぶりにある本を読み返しました

P2110191.jpg

邂逅の森 です。
平成16年に直木賞を取ってるらしいです。
直木賞を取るような本など私には縁がないと思ってましたがこの本はとてもおもしろく引き込まれてしまいます。

書かれているのは山の神への敬虔な信仰をもつマタギの暮らしぶり、猟の方法、マタギといえ簡単に命を落とすこともある冬山の恐ろしさなどとても興味深いものがあります。
最後は山の神の化身であるかのような大熊との一対一での対決、いや~手に汗握って引き込まれます。

秋田マタギの話なのですが旅マタギといって遠征で猟に出ることもあり山形の月山やその近くの肘折温泉などというところがでてきてちょっと行ってみたくなりました。

先の話になりますが夏のツーリングは山形、秋田などをまわって見たくなりました。秋田県は茨城との由緒ある地で、江戸時代以前この辺り常陸の国を治めていた佐竹氏が関が原の戦いでどっちつかずの立場をとったので戦いの後佐竹氏は徳川家康から怒りをかい常陸から秋田へと移封されてしまったんです。そのときに佐竹氏が美人を根こそぎ秋田に連れて行ってしまったので秋田は美人が多く茨城はブ〇ばっかりになってしまったというなるほどなーという話があります(いやいや私が作った話じゃなくほんとにむかしから茨城では語り継がれている話なんですよ。でもねー最近は茨城もきれいな人おおいんですよーほんとに!フォローフォロー)。

まあそんなことなのでどれだけ秋田に美人がいるのかよーく観察に行きたいなーと考えてます(笑)

その邂逅の森もあっというまに読み終わり、いま読んでいるのがこれ

P2130192.jpg

あの5千円札の新渡戸稲造さんがもともと書いた本 武士道です。
驚くことに稲造さんはなんとあの時代にこれを英語で書いて本にしているのです。わたしは当然英語で書かれた本を読めないので別の日本人のひとが翻訳したものを読んでます。が、むずかしいこと書いてあるのでずっと前に買ったのですが読み始めてすぐ挫折して読みかけになってたやつを再チャレンジしてます。今回は読みきれそうです。いいこと書いてありますよ、日本男児のバイブルじゃないでしょうかねー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

秋田、良いですよー。

秋田良いですよー!
角館、肘折温泉良かったです。
是非、行ってみて下さい(笑)

師匠、文学をなむとは、
深いですねー!
私は、まだまだ修行が必要ですねー。

雨ガエルさんへ


秋田は良いところですかー、わたしはまだ行ったことがないのでますます行って見たくなりました。
雨ガエルさん肘折温泉も行ったことあるんですね、さすが全国津々浦々を回ってますね~

邂逅の森は機会があったらぜひ読んでみてください、おもしろいです。
プロフィール

パスタおやじ

Author:パスタおやじ
メインは07カブプロになりました。通勤、仕事、ツーリングの相棒です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR