ミッション終了?

あんどんカブのつづきです

バルブが閉じず圧縮漏れしてたんですが、手っ取り早くわたしが予備として持っていたモンキー用の中古ヘッドをそのまま使っちゃうことにしました。

P2271005.jpg
6vものでカブ用とまったくいっしょです
なんかの時にとおもって買っといたものですがこういうかたちで役にたちました(感謝しろーい)

ガスケットが届くまでタンク&キャブの清掃

P2261004.jpg

タンクの奥になんか詰まってるぞと難儀しながらようやく引っ張り出したら笹だかカヤだかの葉っぱが(どういう状況でタンクにはいったんでしょうか?)
まあそれ以外はサビもそれほどなく軽く洗浄するだけで使えそうでした

ところがキャブのほうは、きれいはきれいだったんですがスロットルバルブのガイドになるキャブトップ内のボッチがなぜかつぶれていてスロットルパルブのほうの溝に入らずストンと下まで落ちません。

なんでこんなところがつぶれてるんだろうなー? これじゃスロットルが開きっぱなしで使えないです。

エンジンのバルブにしろタンクにしろキャブにしろ 「なんで?」ってのがおおいな~

で、キャブのほうどうしましょ? とおもっていたら 「そうだ、おなじPBだしあのキャブが使えるか?」とダックスを純正キャブに戻す前に使ってたPBキャブ引っ張り出してきました

P2271007.jpg

ちょっと口径も大きいんでマニーホールドをベンリィに使ってたやつに交換してピッタリ純正エアクリーナーにも接続できました
交換するまえに持ち主に確認したら「使えるものは何でも使ってくれ」って言ってましたが、あの?おれのやつなんですけど・・・・・

さて、組み付け後さっそくエンジンかけてみるとなんのことはないすんなりかかりました。預かって3日目でミッション終了でした!

・・・・・・・とはならず、持ち主はタイヤも交換してくれとかウインカーのスイッチが折れてるとか、ブレーキペダルのスプリングがついてないとかここがこうとかあれがああだとかいろいろおっしゃってますね・・・・・・・・

っておれはバイク屋じゃねえしおれが売ったバイクでもないんですけど・・・・・・

でもまあこれも乗りかかった船なんでできる範囲でやらせてもらいますよ(笑)


余談

エンジン掛かってクラッチ、ミッションはだいじょうぶか試乗しようといつものようにチェンジペダルをつま先で押し下げアクセルを開けるとどうにも重くノコノコとしか動きません。
「あれー?なんだろう?」
クラッチが滑ってるわけでもなく2速発進しているようなかんじです。しかも止まったままニュートラから順にシフトペダルを一回、二回と押し下げると三回目にはニュートラに戻ってしまう。まさか2速までしかないの?と思ったけどこんどはニュートラからチェンジペダルの後ろ側をかかとでひとつ押し下げてアクセルを開けてみると「あれ~ しっかり駆動がかかって、これがローじゃないかー・・・・・」 それで発進してみて今度はつま先で前に一回でニュートラ、すかさずもう一回つま先で下げて2速、もう一回さげて3速 なんじゃこれは~ とキツネにつままれたみたい。
持ち主に聞いてみても「なにそれ~ めんどくせえ~シフト」って、ああ、あなたも知らなかったんですね。ではネットで調べてみたら あら~ これが正常なシフトパターンなのですね~ 古いカブはシフトがこのタイプなんだそうです。
カブのこと知ってるつもりだったのに恥ずかしいですね、まだまだカブのカの字も知らないようです。でもこれでひとつ勉強になりました。



スポンサーサイト

あんどん

P2240993.jpg

行灯カブってやつですね

わたしのじゃないですよ、近所のカブ好きな床屋さんのです

最近古物屋で入手したらしんですが、エンジンがかからないから見てくれって置いてきました

P2240994.jpg

あかちゃんポストならぬバイクポストてきになってるんですけどね、うちの店

でもダックスが手が掛からなくなりちょっと退屈ぎみだったので二つ返事でOKしちゃいました

ちょっと見てみるとキックは降りるのですが圧縮が掛かってない感じ

P2250995.jpg

ではではとヘッドをバラしました

P2250996.jpg

インテークバルブのほうがきちんと閉じなく浮いてます、これじゃ圧縮抜けちゃいますね。

P2251000.jpg

カーボンの堆積かな?と思って掃除したんですが、きつくてやっぱり奥まできちんと入らない

P2251002.jpg

目視では分からないんですが、どうやらバルブの軸が曲がっているようです

なんで曲がってしまったのかは分かりませんけど・・・・・さてさてどうしよう





昨日と一昨日のこと

一昨日日曜日はひょっこりと雨ガエルさんが店に立ち寄ってくれ一年ちょっとぶりで元気なお顔が見れました。
昨年は何度か店の前を通ってくれたそうですがその都度準備中の看板が出てたのでスルーしてったそうです。
「スルー禁止!準備中でも寄ってくように」と通達を出しといたので今回は事前に連絡をくれて寄ってってくれました。
ありがとうございます。

夕べ宇都宮に泊まったようですがすでに日の出頃茨城の大子にいたってこの寒い早朝にどんだけアクティブに行動してんすか?
しかも大子は茨城でも一番寒いくらいのとこなのできっと春の気配も感じられなかったのでは・・・・・・

P2150984.jpg

いまではすっかりこのクロスカブで定着していますが、いまだわたしには雨ガエルさんはブコカブのイメージしかないんですよ、またいつか戻ってください
かってなお願いですけどね(笑)

そしてボアアップしたこのクロスカブ試乗もさせてもらったんですがなんといったらいいんでしょうか、タコメーターが付いてないと回しすぎちゃうんじゃないかとおもうくらいにエンジン回ります。
ストレスなく回って気がつくと3速でもこんなスピードになってるという感じで「もはやカブのエンジンじゃなくねェー」とつぶやいてしまいました。
いけませんねぇこれは(笑)

その後、茂木のカブプロ乗りのいなじゅんさんもやってきて雨ガエルさんと再会となりました。
さっきいなじゅんさんの話を雨ガエルさんとしていたばっかなのでこの登場のタイミングにはびっくりです。

おふたり一緒に食事をしていき、その後雨ガエルさんはふらりとどこかへと旅立っていき、いなじゅんさんも帰りました。

たのしかったです、またぜひ来てください。


そして夕方にはカブプロ乗りOさんが来て

またいただいちゃいましたよ 

ひぇ~

P2160987.jpg

わたし、知らず知らずに催促してるんでしょうかねー

いやいや、そんなつもりは毛頭ないんですが・・・・・・

いやあでもありがたくいただいちゃいました。これでメンテにもチカラが入ります、ありがとうございました。


そして昨日月曜は夜お休み

ランチ片付け後、頼んでおいた部品を取りにドリームまで

P2160990.jpg
おー いいなー これ
いまや唯一のジャパンメードカブでしょ?

P2160991.jpg
このステッカーだけでも注文してっちゃおうかな

P2160988.jpg
ぬおぉ~ カッコええ
CBR250R これ欲しいなぁ

P2160989.jpg
なるほどね・・・・・ ん まあやすいんじゃないの(汗)

でもちょっと今日は持ち合わせがないので買って帰れないかな

ま、ずっと持ち合わせないからずっと買えないでしょうね

おわり

使えるうちは使っとけ

ダックス乙は夜店の中にしまっておくのですが、朝店に来て見るとなんかガソリン臭い

P2110979.jpg

キャブを見てみるとガソリンが漏れてますね~ こんどはダックスか(泣)

でもこの漏れかた・・・・・・・

ドレンから出ているわけでなく、コックから漏れてるわけでもなくキャブの上側のほうにまでガソリンが染みてます

合わせ面のパッキンがダメであってもそこより外の上側にガソリンが染みてくるわけもないし、だと合わせ面より上の漏れ出す可能性のある場所といえばエアースクリューの穴とアイドルスクリューの穴です

で、よくよく見てみるとエアースクリューの穴のところから染み出しているように見えます(画像の天辺に写ってるスクリューネジがアイドルスクリューでその右下にあるネジがエアースクリューです)

でもこんなところから染み出すなら先にオーバーフロー管から漏れるはずなのにどうして?

とりあえずまたキャブはずして分解ですね・・・・ダックスの親心でしょうかね、まあよく勉強させてくれます(笑)

P2130983.jpg

分解してみると漏れのもとの原因はわかりました

P2110980.jpg

フロートに穴が開いて浮力がなくなりガソリンがあふれたようです。フロートの中からガソリンが染み出してきます。
前回バラしたときには大丈夫だったはずなんですが?(どうもチェックがあまいようですね)

でもなぜ?オーバーフロー管を通してドレンホースから出てこないでエアスクリューの穴から? オーバーフロー管が詰まってる?

P2130982.jpg

いや穴通ししたけど詰まってる様子はないんですよね。
フロートに浮力がなくなってフロートバルブが閉じなくガソリンがどんどん入ってきてしまえばフロートチャンバー室のこの突起の穴からドレンホースを通して排出されるはず・・・・・・・

ここは名探偵コナンになったつもりで考えてみたらその謎がとけました

上の画像でオーバーフロー管はチャンバー室の左よりについてます
実際にエンジンにキャブが付くのも画像の位置のように手前がバイクのフロント側です
で、ダックスはセンタースタンドはずしちゃってるので止めるときはサイドスタンドで止めてます
すると左に傾いているわけでおのずとキャブも左に傾いた状態でオーバーフロー管側が持ち上がる感じになるわけです
ようはその状態だとオーバーフロー管の先端よりエアースクリューの穴のほうが低くなりそこからガソリンが染み出していたようです

P2110981.jpg

で、もともと付いてたキャブのほうのフロートは新しかったのでそっちと交換して問題解決。

まあ最初からこっちのフロート付けとけばっていうはなしなんですけどね

でも古いものに萌えるというか貧乏性魂というか、「使えるうちは使っとけ」というもったいない精神が染み付いてるんでこれはもうどうにもならないんですよ(笑)

でもあれですよ、これは自分で乗るバイクなのでメンテがいまいちでもじぶんにかえってくるだけなのでいいんですが、これが乗客を乗せて空を飛ぶ飛行機のばあいはわたしも徹底的にメンテしますよ、事がことなので「使えるうちは使っとけ」なんて言ってられないですから。フロートでもフロートバルブでもちょっと怪しければ即新品交換ですよ どうぞご安心を。

でもキャブ使ってないかな? まあそのまえに飛行機のメンテまかされることないか・・・・・・

先達の教え

ゴリラのキャブのオーバーフローの続きです

コメントから「フロートバルブの入る穴の掃除を」というアドバイスをいただきました

P1310956.jpg
右下よりの丸い穴ですよね、ここにフロートバルブが収まります
自分なりに掃除をやったつもりでしたがこうなればアドバイスにしたがってもういちど・・・・・

と、そのまえに気になるところを

P2030973.jpg
キャブ内に溜まったガソリン抜きのドレンの穴です
下にぼやけて写っているスクリューボルトで普段はふさがってます
ここも怪しい部分なので問題のないモンキーのフロートチャンバーごと移植してみました

P2030969.jpg
ゴリラのキャブボディにモンキーのキャブの下側のチャンバーを移しました

ドレンに問題があったのならこれで漏れはとまるはず・・・・・・

結果は

期待をもたせつつ引っ張りに引っ張って40分ほど経ってからチョロチョロと漏れました。

もう泣きません。たんたんと次の作業にうつりましょう。

こういうことだろうと思いあらかじめ百均でフロートバルブの穴掃除用の綿棒を買っときました。

P2030974.jpg
百均はなんでも売ってますね、フロートバルブ掃除用の綿棒なんて需要があるんですかね?(これを見つけたときにはひとりニンマリしました・・・・・)

P2030971.jpg
ピカールでグリグリ掃除してみましょう

P2030972.jpg
これはまさにPAキャブフロートバルブの穴掃除専用綿棒です。こんなにきめ細かな品揃えにはおそれいります、百均おそるべし(でもなぜかメイクアップ用綿棒と偽装して売ってましたが・・・・・それがホントだろ)

念入りにしつこいぐらいグリグリやってやりました

そうしてその後

30経ち・・・・・・・・・まだまだ

一時間経ち・・・・・・・いやまだまだ

2時間経ち・・・・・・・・おッ?大丈夫 いやいや油断は禁物

一晩経って・・・・・・・・おおおーッ 漏れてなーい! いやここで気を緩めるな

丸一日経って・・・・・・・漏れてなーい!漏れてなーい!万歳万歳万歳!


見事オーバーフローが治まりました

先達の教えに感謝いたします ありがとうございました。

お手柔らかに

PB020840.jpg

たまにエンジンかけてやってるゴリラくんなんですが、コックを開けとくとキャブからチョロチョロとガソリンがオーバーフローしてきます

なんどもキャブを分解清掃したんですがおさまらないのでそのうちにと後回しにしてたんですが、最近PBキャブとフロートバルブが共通というのが分かり、じゃあ一番怪しいフロートバルブを交換してみようとおもいやってみました

P1310951.jpg

会長からもらったノーマルモンキー新車はずしのPBキャブ
ゴリラについてるPAキャブにくらべるとひとまわりでかいです
6V車はPA、12V車はPBと思ってたんですがOさん預かりの12VモンキーもPAが付いてます。どうやら12VになってもしばらくはPAキャブだったようですね。

P1310954.jpg

開けてみるとフロートバルブはたしかに一緒です
これが原因であれば問題解決



結果・・・・・・・・


アウトーッ!


ショーック!・・・・・・(泣)

P1310955.jpg

つぎに怪しいフロートですが、こっちもいっしょだったら良かったんだけどフロートは形も大きさも違い交換できません

しかしこのまま引き下がるのもしゃくなのでホワイトモンキーのキャブフロートを一旦拝借してこれが原因なのかどうか確かめることにしました

P2010959.jpg

樹脂でできてるフロートなのでフロートバルブに当たるツメを調整できなく(なにか方法があるのかな?)経年劣化でツメが歪み油面が狂っているのでは? と推測します

「うん、そうだそうだ間違いないだろう」 と交換してみるも

結果  アウトー・・・・・・・・・(泣)

気を取り直し、もしやドレンボルト? とおもい交換するも・・・・・・・これまたアウト(泣)

ダックス乙に続きこのゴリラもわたしを泣かせてくれますね~

しかもすぐもれ始めるんじゃなくしばらくしてからチョロチョロチョロ~と思わせぶりな漏れかた

フロートバルブのときは20分経っても漏れない

「ん よし 大丈夫そうだな」  

その10分後    チョロチョロチョロ~

「あ~ッ やっぱダメだ~」

フロートのときは30分経っても大丈夫

「よし 今度こそ・・・・」

10分後   チョロチョロ~

「ガクッ・・・・」

ドレンボルトでは

どうせまた漏るんでしょ今度は一時間後ぐらいかな~? と思いきやいきなり チョロチョロチョロ~

「早ッ・・・・・・」

ってでもモンキーではまったく漏れることのなかったドレンボルトに付け替えたとたんチョロチョロと漏れ出すというのはおかしいなあ・・・・・・・・

ということは、キャブ側のドレンの穴に問題があるのかも

ならばモンキーのフロートチャンバー室ごと移植してみれば確認できる・・・・・

けど疲れるのであとにしましょう

というかこれ以上打ちのめされるのが怖いんですけどね

どうぞお手柔らかにおねがいしますよ~(笑)











プロフィール

パスタおやじ

Author:パスタおやじ
バイクは増えましたがメインは07カブ、10年10万kmをめざして乗り続けます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR