このぐらいでは・・・

ダックスの燃料キャップの問題もやっと片がついたようです

ようく乾燥させて、ドライバーの柄でコンコンコンコン叩いたり、口でフーッと穴を吹いたりしているうちに詰まりがとれたようです よかった~

なのでここのところは10kmくらいの距離を走りっぱなしでも止まることがなくなりました。

さらに長い距離をと月曜の午後、なるべく走りっぱなしでいける信号の少ない道路 ビーフラインを笠間まで突っ走ってきました。

行きも止まることなく快調

帰りも快調と思いきや上りが続く長い坂道でボコつきだしエンジン止まっちゃいました・・・・・

「あ~ まだ完全に詰まりがとれてなかったのかー」とおもってキャップを開けると アリャーッ ウゲーッ

P4280692.jpg
スッカラカン

コック予備タンになってたし(泣)

これ、キャブがノーマルじゃないんでコックの部分がマフラーのエキパイにくっついてて焼けてるあいだはコックを切り替えようとしても熱くてできないので最初から予備タンにしてたのが命取りになった~

ガソリンはこの前いれたばかりだとおもって油断してたー

ダックスはタンクがちっちゃいからしょっちゅうガソリン入れしなきゃならない

P4280691.jpg
上り坂の後半だったので少し押してあとは下りを惰性で降りてきてとりあえず人気のあるとこまで来ました

「さて、どうするか~?」 と一息ついてから思ったら、そうそうここからツインリンク方面にちょっといったところにガソリンスタンドあったよな?とそこまで押して行くことにしました。

P4280693.jpg
あったー!1kmも行かないところにありました

よかった~ 

ダックス乙にはかなり鍛えられているので今回くらいのことではなんつうことなくなりました

まあ今回は完全にわたしの落ち度ですけどね(笑)
スポンサーサイト

解明

シートを替えて座り心地が良くなった~

今まではギャップを通過するとまともにケツに衝撃がきてウギャッという感じでした。

オーバーホールしたフロントサスも良く動いてくれて乗り心地は最初のころからはずっとよくなりました。

あとは燃料キャップの問題があるんですが前回の記事を書いていて「あッ もしや?」とおもうことがありました。

P4080652.jpg

交換するまえのシートですが、このようにガバッとシートを開けるとポロポロとサビが燃料キャップの上にこぼれ落ちます(アルミテープを貼ってあるところはベースがボロボロで中のスポンジが見えてます)。
給油するときはタンクの中に落ちないよう注意しますが給油が終わりキャップを閉めてしまえば後は気にしませんでした。

シートに座って走り出してからもシート裏から当然サビが落ちてきてるわけだし、ということはもしやこのサビがキャップの空気穴に入り込んでしまうのでは?
走ってる間は燃料キャップはシートでカバーされてしまうのでサビが風圧で飛んでいくこともないし、逆に空気穴には負圧がかかるので細かいサビが入り込んでしまうことが考えられるんじゃないかな? と思いました。

そう考えると、モンキーで使用して問題なかったキャップなのにダックスに付けたら不具合がでた(2つとも)。最初についてたダックス用のキャップもタンクをはずしてガソリンを流して見て空気の抜けが良好なのを確認したはずなのに実際につけて走ってみたら空気の抜けが悪くなってしまった。

という2つの事柄に説明がつくんですよね。

大丈夫だったキャップ3つが3つともダックスに付けたら不具合がでたなんて、呪われてるか上記の理由かどっちかしかないでしょ(笑)

P4230689.jpg

これがいま付けているもともとのダックス用のキャップです。

もうシートを交換してサビが落ちることはないのでこのキャップの詰まりを取ってやれば問題なくなるはずです。

P4230687.jpg
キャップ内側

この突起のある部分が空気穴なのかな? 外側はコックの軸から抜けてるとおもわれます。

パーツクリーナーでシューとやったりエアーガンでプシューとやったりしましたが穴がストレートじゃないのでいまいち圧が掛からず詰まりが解消しないみたいです。針金通すことも出来なそう・・・

素直に新品買うしかないかな~

号泣

わたしはよくネットオークションを利用しますが、あれはまあなんですね、良し悪しですね。

先日の話、いつものごとくでネットオークションの商品をあれこれ見てたんですが(まあ最近ではバイクに関するものがほぼ100%です)、「オーッ これは!」とめぼしい商品が出品されてるじゃないですか。 それはホワイトダックス用の花柄シートです。

わたしの乙号についてるシートはたぶん表皮を張り替えたもので黒一色のもの、張り替えてあるだけに見た目はそれほどひどくないですがいかんせんベースがボロイ

P4210685.jpg

給油するためにはシートをガバッと開かなければならないんですがそのたびサビがポロポロと落ちるので下手するとガソリンタンクのなかに入ってしまいます。
それに座面のスポンジがヘタってるのでちょっとの距離でもお尻がいたくなってしまいます。

そのうちなんとかしたいとおもいつつもエンジン不調をなんとかするほうが優先で後回しになってました。

それもエンジン不調が解決したのでいよいよシートをとおもっていた矢先、それが出品されていたんですねー・・・・

でも花柄シートは高い。数ヶ月前同時期におなじような程度のダックス70用の花柄シートが別々にふたつ出品されてたんですがそれぞれ3万5千円前後の落札価格でした(そんなに程度は良くなかったのに)。

で、今回出品されてたのは即決価格があってその半額ほどの金額で即決~ 
ヨッシャー!

今回の出品物は穴あきや破れもなく程度よさそう、こりゃ早いもん勝ちだー

ただ気になるのはタンデムベルトが欠品なこと。70用には真ん中にベルトがついて50用シートにはついてないんです、もうひとつ気になるのはそもそもこの出品物には70用とも50用とも記載がなかったのです、わたしが欲しいのはもちろん70用シートです。
そこを画像にかじりつくように眺め70用か50用か判断。ベースそのものは同じなので明らかな違いであるタンデムベルトがついてないとなると画像での判断は難しいのですが座面の形状に微妙な違いを見つけ出し、結果わたしの頭のなかのスーパーコンピューターが70用シートである確率80パーセントをはじきだしました。


「スーパーコンピューターもなにも出品者に質問いれて確認したほうが確実だろ」 とおもうでしょ?

あまいッ! 砂糖よりあまいわッ! そんな悠長なことしてる間にどこぞの誰かさんにポチッっと即決されたら ジ エンドになってしまいますよ。
これは食うか食われるかの花柄シート争奪戦に仕掛けられた出品者の罠、画像で見分けられる者のみが栄冠を勝ち取れるしくみなんですよ、きっと。

で、自信を持ってポチッっとしました。

ジ エンド 勝者 わたしです・・・・







のはずが 敗者ッー

届いたら50用シートじゃねーかッ!   号泣・・・・・・

泣きますね、ホント。


いや程度はばっちりなんですよ。
それにベースは一緒だから問題なく付けられるんですよ。
それにこのシートじゃ二人乗りできないわけじゃないし、そもそも50用でもシートが長いから。でも二人乗りしないけどね・・・
そしてまあダックスに詳しいひとでもなきゃそもそも70用か50用かなんてわかりゃしないんですけどね・・・
ま、それに、仮に70用だったとしてもなんか俺の性格上もったいなくて結局つけられなかったなんてことになりそうだし・・・

ま、結果オーライってことで・・・いや、引きずる。引きずりますよ、当分。


で結局付けたのかというと

P4210683.jpg
ダックス甲につけて
P4210686.jpg
ダックス甲についてた黒いシートを乙に付けました めでたしめでたし

って、なんだかようわからん・・・・・・・

それにいままでヘタってたシートのときはかろうじてカカトが付いてたのに付け替えたのはシートの張りがパンパンだからカカトが浮いてしまいます・・・・・・・乗ってるほうもダックスフント~ ってうるせェ


ということでもうすこし泣きますのでそっとしておいてください。

黄門さんち

P4130662.jpg

仮に載せていたモンキー用エンジン
これはこれでトルクがあってとってもおもしろいんですが、あくまで仮に載せたエンジンなので本来のノーマル70にもどして見ることにしました。

エンジンストップの原因は燃料キャップでほぼ間違いないでしょうからノーマルエンジンに載せ換えても快調に走ってくれるはずだとおもいます。

それで大丈夫とあれば、めでたしめでたし、この一年間のあーでもないこーでもないのゴタゴタにピリオドが打てます・・・・・ながかった~、まだ油断できないけど。

P4130663.jpg

キャブもノーマルに戻したんですがなぜかガソリンダダ漏れ・・・・
しようがないからいままでのPBをつけました。


んでもってエンジン始動・・・・・

はい掛かりました。非常に静かです。

吹け上がりも問題ないようです。

そうなるとちょっと走ってきたいということで、きのうの午後「県北のほうは桜が見ごろかなぁ」と高萩めざして出発しました。
P4140665.jpg

が、「遅ッ! こんな遅かったっけ~ 坂道登んねェーし。帰り、真っ暗になりそう。」 と、常陸太田まで行って「やっぱ、やめたー」と断念し西山荘に寄って帰ることにしました。西山荘は水戸黄門様が隠居してたとこです。

ここまでもエンジンストップが何度かあったんですが例のごとく、キャップを取って十数秒でハイOK

P4140680.jpg

中に入るの何十年ぶりですよ

P4140674.jpg

これは西山荘ではありません。なかにある売店です(笑)
って、タダで入ってこれたけど無料だったっけ? と思いながら歩いていくと・・・

P4140678.jpg

ここから先で入場料取るみたい

でも4時で閉まっちゃってました。

なかを覗くと

P4140677.jpg


でもここまでの庭園散策もなかなかよかったですよ

P4140670.jpg

しだれ桜が見ごろでした

P4140673.jpg

P4140672.jpg

のんびりとはいかなかったけどこういうとこを散策するのもいいですね。


帰りもダックスは快調でした。

燃料キャップわずらわしいのでギュッと閉めずに被せたままにしておいたらぜんぜん止まりませんでした。

単にキャップを新品にすれば解消するのか? もうちょっと様子をみてからにします。


しゃべれるように・・・・

いや~ あたたかくなってきましたね。

もう雪の心配はないでしょう、ということでカブのスノータイヤをノーマルにもどします。

P4090653.jpg
これに交換です
いやまだ山ありますよ(突っ込まれる前にさきに言っておきます)

まだ千kmや二千kmはがんばるって言ってますからこのタイヤが、けなげでしょ。

最近タイヤと話せるようになってきたもんでね・・・・コミニュケーションはばっちりです




P4090655.jpg
リヤタイヤをはずしてみると

サビサビですね。サビ落とししてもすぐサビるのでもうほったらかしになりました。

P4090654.jpg
ブレーキシュー

3万km越えましたがまだ交換の必要はないです

5万kmは楽勝でしょう

P4090657.jpg
交換完了

わたし 「やっぱ山ねぇーな・・・んッ なになに?」

タイヤ 「見た目で判断しちゃいけませんぜ、ダンナ。」

わたし 「ん? ほんとにだいじょうぶなの?雨の日とかツルーっといかない?」

タイヤ 「フッ それは乗り手の腕次第ですよ、ダンナ」

わたし 「くッ・・・・わかった。じゃああと3千kmがんばってくれ。」

タイヤ 「つーッ きびしいな~ダンナは・・・・」



とか、こんなふうにふつーに会話してますから。

ってあぶねェ~な、タイヤとしゃべってるオヤジは・・・・・これからやめとこ。


P4090658.jpg

スプロケ、チェーン まだまだ大丈夫 10万km無交換がんばってもらいますか!





スプロケ 「わかったよ~」

わたし  「わッ スプロケがしゃべった・・・」

スプロケ 「ボ ク しゃべれるようになたよ~」

チェーン 「おじちゃ~ん、ぼくもしゃべれるようになたよ~」

スプロケ 「まいにち話しかけるからボクしゃべれるようになたよ~」

チェーン 「いまははなしはじめだからこんなだけどすぐにもっとしゃべれるようになるよー」


ハイハイ やめやめーTKOの木下か タイヤやらチェーンやらスプロケとしゃべってたら気味悪がってお客さん寄り付かなくなるんでね。特殊能力もはたから見ればあぶない人だから。


本題に戻ってこんどはフロントタイヤ

P4090659.jpg
タイヤをはずすとリムバンドが切れ掛かってたので新品と交換です。


P4090660.jpg
フロントタイヤは減らないからあと5千kmもがんばってもら・・・・あッ ひとりごとだから。話しかけてないからおじちゃんにも話しかけないでね・・・・・




フロントタイヤ 「・・・・・・・けッ だれがお前なんかとしゃべるか!」

わたし   「すんません・・・・・」

気分よ~く・・・?

ここのとこダックスに乗れてなかったんですが、昨日は夜休みということでランチ後ちょっと走ってきました。

「どこいこうかなー?」と昼間考えてて、第一候補、大子リベンジ・・・・いやいや、まだあの忌々しい記憶が鮮明に蘇ってくるのでやっぱやめとこ。じゃあどこにしようかと考えたあげく距離的にも往復百kmくらいだから涸沼にでも行ってくるかな、と3時すぎに出発しました。

いや~快調 快調
なんか不安なく走れるっていいですね。
いままではいつ止まってしまうのかと不安があり走行を楽しむ余裕なんてあまりなかったですからねー。
こうやって気分よく走ってるとダックスってかなりおもしろいです。

P4070645.jpg
着きました。海じゃないですよ、涸沼の茨城町側です。

ここまでノートラブル、気分爽快。

やっぱエンジンストップの原因は燃料キャップにあったと思って間違いないでしょう

P4070641.jpg

涸沼はうなぎとシジミが名物です。
うなぎ食いてぇなーと思ったけど自分ひとりうなぎ食って帰るのは気が引けるので近くのセイコーマートに行ってソフトクリーム買ってきて食べました。

ここって航空自衛隊の百里基地に帰る戦闘機が高度を下げて真上を飛んでいくので飽きないです。ソフトクリーム食べ終わるまでずっと上を見てました。

陽も傾きかけてきたのでこんどは夕日に映える湖面を眺めるため対岸の大洗側に移動します。


と、途中なんかエンジンがぐずぐず言いだし やーな予感・・・・

まーまーまー、落ち着いて落ち着いて。あれだよあれ、予備タン予備タン。
キャップ開けてタンクを覗くもガソリンは減ってるけどまだ予備タンではないような・・・・
でも一応コックを予備タンにして再始動してみるとすんなりかかって調子よく走り出しました。良かった~、でも解せないかんじは残りましたが

P4070651.jpg

ちょっと不穏なかんじをひきずりつつもエンジンはぐずることなく対岸までやってきました。

夕日が沈むほうに筑波山(確認してないけどたぶん形からして)が見えてなんかここの夕暮れ時の景色は好きです。

さあ、暗くなってしまうとダックスのライトは頼りないのでここらへんで引き上げることにします。

さきほどエンジンがぐずったことも忘れて調子よく走っているとなんかまたやーなかんじに。
エンジンがブスブス言い出しまた止まってしまいました。しかもまた学校の前って・・・・(ネタだろうとか、はなし作ってんじゃないの?とかよく言われるんですがいつも本当のことなんですよ)
今度は中学校前ですがやんちゃそうな中学生が5、6人こっちを見てます。

内心かなり動揺しながら、しかしあわてるそぶりをみせず、ここに自ら止めましたてきに余裕をみせつつまずはガソリンチェック。
さっき予備タンにしてからほとんど減ってませんね。
だとしたらまたしても燃料キャップなのか?
燃料キャップだとすればキャップをはずしたまま数十秒も待ってればキャブのフロート室はガソリンで満たされるはず。その時間をまって再始動してみるとすんなりかかって普通に吹け上がりました。

やっぱキャップのせいか?ん~?この燃料キャップは大丈夫なの確認してるんだけどな。

まあ考えるのは後にして走れるんなら走ろうと家路を急ぎましたが、帰りつくまで5回は止まりましたかね。でもそのつどキャップを開けて数十秒待つだけで普通にエンジンかかるのでそれほど大変じゃなかったけど(笑)

これって燃料キャップは燃料キャップのせいなんですが、しかし、持ってるキャップ3つが3つとも空気穴の通りが悪くなってるというのは考えづらいので、何らかの条件が重なるとタンク内の空気が抜けなくなりガソリンが流れなくなってしまうのではないかとおもうんですが。


まあ今回はJAFのお世話にならず自走で帰ってこれたし、止まったときの対処ほうほうが分かってるだけよかったですけどね。

まあ、ダックス乙、一筋縄ではいかない輩です わっはっは(泣)



プロフィール

パスタおやじ

Author:パスタおやじ
バイクは増えましたがメインは07カブ、10年10万kmをめざして乗り続けます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR