三たび佐渡へ

佐渡へ~ 佐渡へ~とー またまた行ってきます。

前回、桜の咲く時期に行ってちょうど半年、最初に行ってからちょうど一年で3回目の佐渡です。

なびきますねー、佐渡へ。今回も会長に誘っていただき、わたしはお大臣のように連れて行っていただきます。ありがとうございます。

最初のときはほんとに一周しただけ、それで精一杯でした。

二度目はどんでん山に登ってから一周、会長もノーマルモンキーだったし一度一周しているのでちょこっと余裕がありました。

今回は佐渡へ行ってただ走るだけでなく初の観光と呼べるであろうトキの森公園に行ってトキを見てこようという話になっているので楽しみですが、会長は今回カスタムモンキーだし観光の時間も入るので一周のほうはかなりハードになりそうです

そして佐渡のカブ乗り、またダックスも持っているshibaさんとの再会もあるのでたのしみです。

それと気になっているのがshibaさんがまえにブログで書いていた「飛べ!ダゴタ」という映画の撮影につかったダゴタという本物の飛行機が佐渡の海岸に放置されてることです(放置じゃないか・・)
なんか実際にあった話で戦後まもなく英国軍の飛行機が佐渡に不時着し、佐渡のひとたちの協力でまたその飛行機を飛び立たせたという話です。
飛行機を修理して滑走路まで作ってしまって40日ほど後にその飛行機が飛び立ったというんですからこりゃ感動の話ですよね。

ダゴダ

修理も終わっていよいよ離陸したときには「うおォ~ 飛んだー!」ってイギリス人の乗組員も佐渡の人たちも叫んだでしょうね。

上空を一周して佐渡のひとたちに敬礼して飛び去ったんでしょうか・・・・いやー感激ですね。

その時と同じ型の飛行機が海岸に放置してるというんだからこれは時間が許せばぜひ見て帰りたいと思ってます。

できれば記念撮影をしてきますので帰ってきたらブログで報告いたします。
スポンサーサイト

晴れ晴れ

終わった~

今期の決算申告がー

毎年この時期は決算の申告をするため、まあ面倒くさいったらありゃしない。でもうちは意味もなく法人にしているもので年に一度これをやらないといけないんですね~

税理士さん頼んでないんで、書き方忘れると税務署に行ったりで疲れます。

毎年、暑い頃からはじまり、途中、秋の気配を感じ、なんとか間に合わせて税務署に行く頃には田んぼの稲刈りもすっかり終わって秋本番を感じるというパターンですが、申告を終えて帰り道は肩の荷も下りて晴れ晴れという感じ。
特にきのうは真っ青な秋空でカブでの帰り道もすごく気持ち良かったです。

まあ、ミシっとやれば一週間ほどで終わるものを数字とにらめっこしてると一時間もしないで集中力が切れてしまうもんでついつい気晴らしにバイクいじりなんか始まってしまうから毎年期限ぎりぎり・・・・

それでも毎年期限内には終わらせているので我ながらえらいです、なんちゃって。

P9270251.jpg

いま、一年前倒しで終わりにするしないで騒いでいる復興特別法人税も納付してきましたよ、うちは微々たる税額でしたが・・・・

P9270252.jpg

復興特別法人税は今期が最初なので来期も、そしてその次の3年目が前倒し終了になるかどうかってはなしですけど。

前倒し終了に関して「法人だけ優遇でずるいじゃないか!」などと申しますが、法人を成しているのもいち市民であり、個人としてもちゃんと税金を納めているわけですから法人だけずるいというのもなんなんですがね。でもたくさん取られますよ法人の税金は。ほんと下げてもらいたいと願いますが、復興特別法人税は一年前倒し終了したとこでそんなに大きくないんだから当初どおり3年やってから法人税本体の税額を下げて欲しいですね。

最後は愚痴っぽくなってしまいましたが、申告も終わりこれで思う存分バイクいじりが出来るのでうれしいです。

そして来週は佐渡一周ツーリングに行ってきまーす!

25年もの

我が家のモンキーは25年ものですがほとんどなんの部品も交換せずにそのまま乗ってます。

タイヤも当時もの・・・・すごいでしょ!(いやいや、交換しろよ!といわれそうですが)

タイヤの状態からたぶんチューブも大丈夫だろうといままで確認したことがありませんでしたが

でもホイル内側のサビが心配なのではじめてホイルを割って見ることにしました。

P9190232.jpg

25年の時を経てホイルの中身を見てみます

P9190233.jpg

ホイルを割ってもホイル太郎はでてきませんでした(あ 桃太郎にかけたんですがつまんなかったですね。もし入ってたとしても餓死してたでしょうけど・・・・)

内側は若干サビがありますがたいしたことなさそうだし、チューブなんかぜんぜんなんともなし、よかった。

P9190234.jpg

サビを落としてやりました。

P9210238.jpg

リヤ側もたいしたサビではないです。チューブも問題なし。

P9210239.jpg

サビを落として磨いてやりました。

P9210240.jpg

組み付けて終了

余計な出費にならずよかったです

我が家の優等生

P9190235.jpg

妻の足として毎日活躍してるベンリィ

エンジンは常に一発始動ですごく快調のようです

しかもノーマルじゃなくて自分ではじめて弄ったエンジンなのでなおさらすごいです。

弄ったといってもハイカム付けてポートの拡大してバルブのすり合せ等をしてビックキャブつけただけですが、いまのとこまったくのノートラブルです。

そんなだけについついほったらかしてしまうのですが、妻はなんのメンテも出来ないのでたまにはチェックしてやらないとと思ってるのですが、このあいだも久しぶりにどこも異常はないかな?と見てみると

「あれッ・・・?」

P9190236.jpg

キャブとインマニを留めるボルトが一本ないですね・・・・・

いつからなのか?

妻は調子悪いとも言ってないし、けっこう大丈夫なものなんですね。

2次エアー吸ってボコボコしそうなものですが・・・・

ボルトと一緒にキャブ側についていたナットも落ちてしまったようです。

告白すれば以前わたしがキャブを取り付けたときに強く締めすぎてナットの山がダメになりほどほどのトルクしかかけられなかったのです。

そのナットが真四角の形した特殊なもので合うやつがなく「まッ そのうちでいっか~」と思っていたのですがこのような結果になっていたんですね。

それでもなんともなく走ってるベンリィはすごい優等生です。ダックス乙は見習ってほしいものです。

散財

ひさびさにモンキーネタです。

まえからちょっと気になってたんですがマフラーカバーのメッキがちょっとくすんでいたので手に入るうちにと新品を購入しました。

P9170230.jpg

新旧並べて見ると 上が旧 下が新

「あれッ?・・・おもったほど違わねぇ~」

もっと劇的にちがうとおもったんだけど・・・・・散財ですが、まあ いいです。


で、まえに洗車したときにマフラーカバーはずしたらネジに付いていたガスケットのワッシャーを片方なくしてしまったと思っていたんです。

P9170226.jpg

そしたら

無くしたんじゃなくて片側に2枚つけてるんじゃありませんか・・・・アホ

そうとは知らずにご丁寧に自分で作ろうとポンチを買ってきてしまいました。

P9170227.jpg

外径を打ち抜く大きいほうとネジの通る穴のちいさいほうと2種類、ガスケットはちょうど同じぐらいの厚さのものがあったのでこれを使います。

部品で取ればおそらく数十円で済むものを無駄に金をかけております。

しかも必要無かったもののため 散財ですね。

まあ必要なくなったんですがせっかくだから予備をつくっておこうということで

P9170228.jpg

外径の丸を打ち抜きました

P9170229.jpg

内側の穴を抜いたらバラバラになりました

何回やってもバラバラになり一個も作れませんでした

買ったポンチはもう使うこともないでしょう・・・・・アホーッ

P9170231.jpg

そして交換した本人しか分からないであろう新品マフラーカバー

「やっぱ 違うな~新品はッ!」って無理におもいこんでます(本心では、フツーに社外マフラーつけたほうが良くなかった? と思いました)。

        自己満足 < 散財

台風一過

身構えていたほど雨風はたいしたことなく台風は過ぎ去ってくれましたが、店のほうには大きな爪あとを残していきました。3連休というのにお客さんがさっぱりだったという被害です(泣)

台風前のはなしですがクラッチカバーをはずしてみました。

P9140221.jpg

ふたつ丸いのが並んでいて右のやつがクラッチですね。

このカバーをはずすのに4つあるビスをまわそうとしたんですがクラッチごとクルクル回転するので力が掛からず断念・・・・早ッ(笑)

なので眺めまわすだけ・・・・

P9140222.jpg

うしろに見えるビスで留まってる黒いのがオイルポンプですね

なんとかクラッチをはずさないことには交換できないようです
そして画像の右上端にシリンダーのスタッドボルトの根元が写ってますがそのすぐ脇にある丸い穴がオリフィス穴というヤツですね。
オイルポンプと繋がっていてここからシリンダー側へオイルを送り出す穴です。
強化オイルポンプを付けるならばこの穴も拡大しないと意味がないようです。


P9140223.jpg

そして下側にあるここにオイルフィルターが入ってるんですね。

P9140224.jpg

これがオイルフィルターになります。

金網1枚・・・それだけ。

またちょっとスラッジのようなのがくっ付いてます。

ケースのなかはオイル焼けで真っ黒になってるので前に乗ってた人がオイル交換を相当怠ってたんでしょう。そしてそのまま放置しておいたので劣化したオイルの沈殿物がまだエンジン内に残っているのかもしれません。いちどクランクケースまで割ってきれいに洗浄が理想ですけどねー、いまのわたしにはハードルが高い・・・・・

さて、

クラッチアウターはどうやってはずすか?

強化オイルポンプはどうする?

オリフィス穴拡大は自分でできるか?

で結局腰上はどうするの?

等、問題がありますがもうべつにあわてることもないのでじっくりやっていきます。


むずかしいことは先送りしてメーターランプが切れてしまったので交換しました。

って、どうせ走れないのにどうでもいいことしてますね・・・・・手慰みです。

P9130218.jpg

メーターをはずして後ろ側をみるとランプを固定するゴムのカバーが三つあります。

ニュートラランプとメーターランプとウインカーランプです。

真ん中がメーターランプなので真ん中のカバーを取ってランプを交換しました。

P9130220.jpg

はずしたランプは黒くなって切れてました。

こんなちっぽけなランプで262円もするんですよ(バイク屋さんくれたんですが)

で交換後の確認はエンジン掛けらんないのでわかりましぇん

つぎはクラッチケーブルとブレーキケーブルを新品に交換する予定です。

P9160225.jpg


「それよか先にエンジンだろッ」 って声が聞こえてきそうですが・・・手慰みですよ手慰み

ついでに先日 ポキッと折れたガソリンコックの画像を載せときます。もう部品がでないそうで、回すたび あいででッとなります。

P9030200.jpg



ん~ どうする

ダックス乙をなんとかせねばなりません

で、オーバーヒートの原因ですよねー、なんでしょう?

考えられるのは、白煙をわずかに吹きオイル上がりしているらしいので、シリンダー、ピストンあたりに問題があることが考えられます。

いずれにしてもこのままじゃ安心して乗れないのでとりあえずシリンダーをはずして確認してみることにしました。

P9110214.jpg

気軽にいじれる横型エンジンということではまってるんですがこんなにもデリケートなもんなのでしょうかねー?

まッ とりあえずバラしてみよす。

P9130217.jpg

シリンダーの内壁は見た目そんなでもないようですがツメで探ってみると縦溝がありひっかかりがあります。

P9130216.jpg

ピストンのほうはこの通りスカート部がキズになってます。

自分がシリンダーとピストン組んだときにはキズはなかったので、最初に公道を走ったとき何度も止まってしまったあのときに抱きつきを起こしたものと思います。

これじゃこのまま使えないでしょうから・・・どうしましょ?

オーバーサイズピストンとリングが手に入ればシリンダーをボーリングして解決するんですが、バイク屋さんに調べてもらったらもうオーバーサイズピストンもリングもないそうです。それにシリンダーのボーリングも1万円ほどかかるみたいなのでなにか違うピストンを探してそれにあわせてボーリングなどをやるんだったらタケガワやキタコが出してるボアアップキットつけちゃったほうが手っ取り早い気がします、価格も2万数千円なので。
でもそうなるとビックキャブや強化オイルポンプが必要になってくるのでオーバー3万円は確実です。

でもシリンダーごと社外品に交換はあんまり気が進まないんですよね。
できればシリンダーもヘッドも純正のまま中身でチューンしたいんだな 

ということはやっぱ違うピストンを探してそれにあわせてノーマルシリンダーをボーリングということになりましょうか。

でもピストンだけってあんまり出てないようで、出てないというか今はもうないと言ったほうがいいんでしょうけど昔は早矢仕などが52パイで88ccになるピストンを出していたようですが今は中古でもめったに出てこないようです。

いずれにしてもすぐにはできないですからじっくり考えることにします。
なんせここのとこコヤツの修理代にはかなりつぎ込んでしまっているのでもうボアアップにかける資金がありましぇん(泣)

P9130215.jpg

まあそのあいだ、ボアアップするとすればオイルポンプも交換しなきゃいけなくなるんで暇をみて自分でやってみようかなと思ってます。

このケースをそっくりはずさなきゃいけないんですがこのあいだバイク屋さんがはずしたばかりなのでネジは緩められそうです。

こいつはほんとに・・

エンジンも一発で掛かりアイドリングは安定していて吹けあがりも非常に良くなったものの走っているうちにオーバーヒート気味になってしまうダックス乙さん。

そこでオイルフィルターの目詰まりを疑いバイク屋さんに依頼しました。

横型エンジンのオイルフィルターはクランクケースのクラッチ側のカバーをはずさなきゃいけないので面倒です。ほんとは自分でやるつもりだったんだけどネジが固着していて断念しました。

預けてから二日ほどで終わったとの連絡をもらいきのう月曜ランチが終了してから取りにいきました。

P9090202.jpg

アレッ?ちょっと見ない間にずいぶんハンサムになったん・・あッこっちじゃなくて後ろのわきっちょにいるほうが乙さんか・・・CD125こっちのほうがいいなぁ、交換してくんないかな。

バイク屋さんのはなしではオイルフィルターはヘドロ状になったオイルでべったり目詰まりしていたそうです。

きれいに掃除して網は破けていなかったのでそのまま使えたということでした。

やっぱり目詰まりしていたか、ヘッドの中をみたときにもまえに乗っていたひとはあまりオイル管理をやってなかったっぽかったからなー

よし、これでオーバーヒートも直っている可能性大だな。

走り出してみるとエンジンの調子はすごくいいです。

よし天気もいいしこのまま118号を北上して大子までいってみよう

いや~うそみたいに調子いいな~、ブラックダックの汚名は返上だなぁと一気に大子まできてしまいました。ここまで距離で30kmほど、きょうは途中外気温24度と気温が低いのでそれを差し引かなくてはなりませんがここまでオーバーヒートの気配はありません。

どうやら覚醒したようですね乙さんは。

それでは安心して大子を散策してから帰りましょうか。

P9090203.jpg

大子はリンゴの産地。

ダックスは草地が似合いますね

P9090204.jpg

リンゴもそろそろ色づきかけてきましたかね


P9090209.jpg

夢にまで見たダックスでの散歩はつづく

旧上岡小学校

明治時代の木造校舎でテレビや映画のロケによく使われてるそうです


・・・・と、このあたりからなんか時折エンジンが息つきするようになったんですが

   
ビッ ビクッ・・・ま まさか~

いままであれだけ調子良かったんだから・・・まッあれかな?のーんびりゆーっくり走ってたからちょっとプラグがかぶっちゃったのかなー? だよね・・・きっと ちょっと吹かせばすぐもとに戻るよね~

まッ念のため散策はこれまでにして家路につきましょうねーダックスちゃん、いい子いい子~

しかし願いもむなしくだんだん息つきは激しくなりアクセルに同調しなくなってきてマフラーからはパッツンパッツンいい出しました。

しかもその場所は非常に悪いです

高校のちかくで下校途中の駅へ向かう女子高生がたくさん歩いております。そこをガックンガックンしながらマフラーからパッツンパッツンいいながらいかにも調子悪いバイクに乗ってますというお手本のようなおっさんが行くもんだから注目浴びちゃって、恥ずかしいから早く立ち去りたくてもスピードでないもんだからもう・・・最悪です。

最初からバイク押してればまだいいけど、この状態からバイク押して女子高生と並んで歩き出すのは非常に恥ずかしいのでとにかくこの場を離れるためにガックンガックンパッツンパッツンいいながら必死に走りました。

ようやく人気のないところまでいき「これはなんかの罰ゲームか~」と思いながらバイクを止め仕方なくダックスを押して歩きました。


よもやのブラックダック降臨ですねwwwwww


このあとどうしろっていうのいったい? 押して帰れる距離じゃないからねマジに・・・・

エンジンにさわるとかなり熱持ってます。でも焼きついたわけじゃないからエンジンが冷えればまた走り出せるかも。とりあえずじっと待つのもあれなので押して歩きながら大子の道の駅までやってきました。
すこし時間をつぶしてエンジンが冷えるのを待ちリスタートを試みると掛かりました。アクセルにも同調するのでここぞとばかりに走り出し3kmくらいの距離をいったところでまた調子悪くなりエンジンストップ。

3kmか~、じゃああと9回くらいこれを繰り返さなければ家にたどり着かないか~・・・・?

ってもう薄暗くなってきたしそんなことやってたら日付が替わってしまうではないか

ということでJAFに救援依頼

しかし到着まで一時間半ほどかかるそう。しかも20km以上のレッカー移動なので会員であっても料金が発生するそう(それはヤダ)しかし背に腹は変えられないが

じゃああれだ。一時間半もボケッと待っててもしかたないから3km走っては押して、また走っては押してを繰り返し20km圏内まで進もう。

でやりました。しかし赤信号でつかまったり、上り坂に差し掛かるとエンジンが止まってしまい冷めるまで掛からなくなってしまうので20km圏内にたどり着くころはヘロヘロになりました。

ようやく、ここまでくればというところまで来たのでJAFに連絡するともう近くまで来ているということなので場所を伝え待つことしばし・・・

P9090211.jpg

救いの神が来たようにおもえました

P9090212.jpg

このブラックダックのようなヤツにこんな大きい積載車できてもらって申し訳ないですね

P9090213.jpg

ようやく店まで送り届けてもらいました。いやー500kmツーに匹敵するほどのお疲れモードになりましたよ。

張本人のブラックダックはすました顔してますがね 「はッ なにか?」的に

んなろォ~  この悪魔ッ!









メンテはまめに

どうもここ最近カブのエンジンから変な音が聞こえるなと感じてたんですが、日に日に音が大きくなっていくようなのでこれはまずいと思いバイク屋に見てもらうため持って行きました。

地元のバイク屋のほうですが「これチェーンの音じゃねえの?」と言うので{ちッ だんな~ あっしもズブの素人じゃござんせん チェーンの音かどうかぐらい判断つきますぜ~}と思ったのですがチェーンケースの小窓から確認してみたら「げッ・・・・・・めっちゃ伸びてる」

{こ これはだんなお忙しいとこ失礼しやした。いやお手を汚させるまでもござんせん、なにあっしがじぶんでやりますぁ。それでは失礼しやんす}と逃げるようにバイク屋を撤退しました。 

やばいやばい、またエンジンからの異音騒ぎでオオカミ少年になって相手にされなくなってしまうと困る

P9030191.jpg

チェーンカバーをはずしたときの実際の画像です。
いやー見事に伸びてますね、しかもサビまで出ています。
そういやここのとこダックス乙にかまけてカブのメンテはおろそかになってました。

いままではまめにチェーンの張りを調整し注油もしてきたのでチェーンがここまで伸びたときに出る音ってのははじめてだったんです。
ある程度スピードに乗ってそこからアクセルを全部戻したときなどに音が出て「シャリシャリシャリ」みたいに聞こえてきて全然チェーンから出ているなどと疑いもしませんでした。

いやでも良かったチェーンの音で。またエンジンバラしてもらわなきゃならないのかと心配してたから・・・・

そして、こりゃチェーン張って注油だけじゃかわいそうだなとおもいきちんとメンテすることに

となにげにリヤタイヤを見たら・・・・・

P9030190.jpg

「いかーん、こいつはいかんぞ!下地がでてしまってるではないかー」

まあとっくにいかん状態でいまさら騒ぐことでもないのですが、わたし的には下地が出てるか出てないかは重要な要素なので即交換となりました。

まずはタイヤを交換するためホイルごとはずして
P9030193.jpg

そしてチェーンのほうもはずして灯油風呂にいれきれいにゴシゴシしてやりました。

P9030194.jpg

この後きれいにふき取り新油にドブ漬け

P9030195.jpg

タイヤをはずすと、リムバンドは前回交換しているのでこのまま使えそうです
はずしたタイヤの厚さを手で確認してみると「こんなに薄くなるんだッ」とびっくりしました。皮一枚ってかんじです。

P9030196.jpg

交換するタイヤはこれ、右側ね
「もう終わってんじゃね?」というなかれ。
あと1万kぐらい乗ろうかとおもってます。

いまですねタイヤのサイドを有効に使い切るために車体を45度に傾けつつまっすぐ走るという秘技をマスターしますから、スタントマンが自動車で片輪走行するあの要領です(笑)冗談ですが。

P9030199.jpg

そしてすべてを取り付けて終了

音のほうは消えてるかな?と早速乗って見ると見事に音は出なくなってました。それよりなにより抵抗感がまるでなくなり乗り心地のスムーズなこと、びっくりしました。ああこの感じすっかり忘れていたんだなあと・・・・・

カブちゃんごめんな、これからはマメにメンテするから

更生したのかな

ブラックダック乙が帰って参りやした。

ほんとうに直ってんのかな?と半信半疑で取りに行ったんですがエンジンをかけるといままでになくエンジン音が静かでアイドリングもピタッと安定してます。

これはほんとこころをいれなおしてくれたのかも~ いやまだ油断できないけど。

キャブは一度全バラして油面も含めてこれ以上はやりようがないというとこまで調整をかさね、タペットも走っては調整走っては調整を3度やり、点火時期もきっちりと調整しなおしたということでした。

このエンジン音の静かさとアイドリングの安定をみてそれも納得。

試乗を重ねてもガソリンのオーバーフローはしなくなり、吹けあがりも良くなったのですがただ若干白煙を吹くのでオイル上がりが疑われるのと、走ってるうちにオーバーヒート気味になって熱ダレしてくるということをバイク屋さんからいわれました。

そうかー、やっぱりオーバーヒートのほうもあらためてきっちりやらないといけないかな~ オイルフィルターが目づまりしてるのかも
まあ近場を足代わりに使う分には大丈夫だろうけど
とりあえず距離を重ねながら様子を見てみるか

でその日の夜と次の日の朝、店と家の往復してみたんですがなかなか調子いいですねー
アクセルのレスポンスもしっかりしてるし吹けあがりもよく不安なく走れます。
すっかり優等生に生まれ変わっているんですが・・・・・まだ心底信用できないという気はいたしております

でも次の日、気を良くしてかねてから付けてみたかったマフラーを付けました。

P8260168.jpg

以前、ベンリィ用に買ったもののあまりにサビサビで付けずにおいといたヤツですが、このサビ具合も乙にはちょうどいい雰囲気だし、排気の抜けが良くなれば熱ダレも多少改善されるかなと期待します。

もともと消音器が入ってなかったのでインナーサイレンサーをつけて、あとサイレンサーのリベットが何箇所がとれてガタがあったのでホームセンターでリべッターを買ってきて自分で挑戦しました。

P9020178.jpg

ハンドリベッターセット998円。安い。

P9020180.jpg

何種類かのリベットも付属しているので合う大きさのものを選び

P9020181.jpg

セットしてリベット穴に差込みレバーを握るだけでかんたん終了

P9020183.jpg

仕上がりもきれいでガタツキも全然なくなりました。

P9020175.jpg


あらかじめ干渉するであろうセンタースタンドは取っ払っておいたのですが実際付けて見るのは初めてだったもののどこも干渉せずステーの加工もいらずキックもそのまま踏めました。

当時ものマフラー いい味だしてますね

薄い板厚のステンマフラーじゃなく厚みのある鉄マフラーが雰囲気です

しかもヤフオクで千円、送料のほうが高かった(笑) 

取り付けもスムーズにおわり「よっしゃ~!早速試乗だ~」とおもったらにわかにゴロゴロ鳴り出して雨ザーザー

P9020184.jpg
退避中

ひっでぇー いじめだ、いじめ!
いい年したおっさんですがマフラー付けて、やったー!試乗だ試乗~と喜んでいるところを「いまだ、降らせろ」と雨を降らせるなんてとんでもなく根性悪いですね・・・・・(泣)
でも帰ってからニュースをみたら埼玉と千葉で竜巻がとんでもないことになっていて雲の流れを天気図でやっていたらこのときの竜巻をもたらした雲が試乗をさえぎった雲だったんですね。
幸いこちらには竜巻は起きなかったんですが被害にあわれた方はたいへんお気の毒でした。映像で見る竜巻の尋常じゃない破壊力には恐怖を感じてしまいました。

その後雨はすぐやみ、空は30分もすると晴れ間も出てきたので「よし試乗、試乗!」と出発しました。

走り出してすぐ「あれッ?トルクが薄くなった・・・」と感じましたが回転の伸びは良く高回転で詰まるようなこともなく気持ちよく走れます。
音量はアイドリングでは思ったより静かで走り出すとやや大きめの音ですがバリバリと割れるような音じゃなく重低音のまとまったいい音です。

ただ家と店の往復に使うには気が引けますね。
いい年してまったく、と言われそうで・・・・・

P9020188.jpg

気晴らしに田舎道を暴走するのには非常にいいかも(笑)

いつ仮面を脱いでブラックダックに戻るのかとヒヤヒヤですが、ぜひこのままホワイトダックスでいて欲しいとせつに願う気持ちでいっぱいです


プロフィール

パスタおやじ

Author:パスタおやじ
バイクは増えましたがメインは07カブ、10年10万kmをめざして乗り続けます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR