JAFさまさま

わたしは平成のアナログ人間なのでツーリングとか行くときは紙の地図を持っていきます。

でもブックタイプだとちょうどページの端っこに掛かったときなど二ページを見比べたりするのがややこしいので一枚ものの地図を持っていきます。

で愛用しているのがJAFのツーリングマップ

P6260119.jpg

JAFの会員だと年に一回JAFメートの付録で付いてくるやつです

これだと日帰りツーリングであればバッチリです

が、一泊だと去年みたいに岐阜富山あたりまで行って見るかとおもうと圏外になってしまうんです。

なのでこれより西と東北のやつが欲しいよな~と思っていたんですが

いままで、ろくすぽ見なかったJAFメートを読んでいたら

 ぬ ぬぅ ぬぅあ ぬぅあーッ ぬぅあなーんとッ

P6260120.jpg

JAF会員にはさらなるこんな特典があったとですか~

関東甲信越版だけやなかったやん 全国を網羅してるやん  しかもそれをただであげます言うてるやん

もらいますッ! もらいますッ! 30年以上の会員にはちょっととどかないですけん、10年いや20年は確実に経っとりますでさかい5部いただきまんがなー! いやなんで20年7部を設定しなかったと~ まあいいッ 5部で5部 東北、北陸あとどこのもらおうかー 電話 電話~~  「・・・プーッ プーッ・・」 「モシッモシッ、モシッモーシッ ってつながらへん、ヤバイ みんなが狙ってるー こうしてるあいだに品切れになってしもうたらたいへんやがな~」

で、その日は電話が繋がらず受付時間終了 やきもきしながら一晩過ごし翌日電話をしたらつながり無事もらえ送ってくれることになりましたとさ


あとがき

 わたしはJAF会員10年以上30年未満だったので5部無料でもらえたんですが(送料こちらもち)追加一部につき50円だけというのでそれなら全国分いただきましょうということで追加料金払って全国分いただきました。
もう無敵です。全国どこへでも道に迷わず行けてしまいます。
まずは地図を見ながら妄想エアー日本一周です。それで終わってしまいそうですが(笑)

 

スポンサーサイト

毎度のことですが・・・

エンジンの吹けあがりがいまいちでまともに走らないダックス乙は朝デッキに出して、夜、店の中にしまってと店のお飾り(お荷物?)状態なので、なんとかしたいという気持ちは持ってるのですが・・・・

でもどこをどうすればいいんだろう? ノーマルエンジン、ノーマルキャブなのでキャブのセッティングどうこうという問題でもなさそうだし(キャブを分解したところジェット類はノーマルでした)とわたしの知識では限界のところにきているんですが、いろいろ調べて見るとキャブに関して一点「もしかしたら?」というところがありました。

P6210116.jpg

それは盲点ともいえる油面です。

油面調整はいままでやったことなく、そんなの知りもしませんでしたので・・・・

まあ、にわか勉強ですが、キャブレターは安定した混合気を供給するためいったんキャブ内にガソリンを貯めておくのですがその調節をフロートが行ってます。フロートというぐらいで貯まったガソリンの上に浮いているのですがこの浮いている位置で貯めておくガソリン量の油面を決めています。
決められた油面より高かったり低かったりすると混合気のガソリン量が多くなったり少なくなったりしてしまうようなのでジェット類同様結構重要であり何かの加減で油面が変わってしまっている場合は調整が必要になってくるらしいです。

じゃあ講釈ぶってないでやったらどうなんだって話ですが・・・・

P6210118.jpg

だまっていたんですが、このあいだキャブをはずして付け直したときにこのインマニを止めるボルトのネジを締めすぎてダメにしてしまったんです

「またーッ?」という声が聞こえてきそうですが ハイ、またです。

今回、油面を見るだけならここをはずす必要はないのですが、いい加減自己嫌悪に陥っていますので「ちゃちゃっとやっちまうべ!」って気がおきません(笑)

近々気を取り直して挑戦するつもりではいますが・・・・

それにインマニのなめたネジもなんとかしないと2次エアー吸ってしまうんじゃないかと心配してます(泣)

おやじのそら耳

ひさびさのカブネタです。

もとのエンジンの点検が終了して戻ってきたのできのう乗せ換え作業をしました。

なんでエンジンとっ換えていたかは前に話したとおり・・・・(すいません省略します)

で異音の原因、バイク屋がエンジンばらして調べてくれたんですが・・・

バイク屋 「中はなんともねェど」

わたし  「・・・・? じゃあなんで音したの?」

バイク屋 「音がしたっていうげどそんどぎ聞かせでもらあねど判断しようがねえど」

わたし  「・・うッ、まあ、あんときはあんまり大きい音でびっくりしてすぐエンジン降ろしちゃったから」

バイク屋 「ん~、んでもばらして見たかぎり異常ねえがらこれで載せでエンジン掛げでみな」

わたし  「わかった。それでいくら?」

バイク屋 「どごも直してねえんだがら、金も取りようがねえべよ」

わたし  「(あらッ なんと良心的!)いやでもバラして調べてって俺が頼んだんだから手間賃取ってよ」

バイク屋 「いい、いい。たいした手間じゃねーがら」


まあ、こんなぐあいでバイク屋から見たら世話の焼ける客だろうわたしはまたまたバイク屋にお世話になってしまいました。


P6150114.jpg

そうして、エンジン載せ換えのためストリップダウンしました。

P6150113.jpg

載せ換え終了

この後マフラーもつけて、補器類に配線を繋いでエンジンの掛かる状態にしました

エンジンオイルも満たして、緊張の一瞬、セルを回してみると・・・

スムーズにエンジンが回りましたー

アイドリングでは異音もしません!

アクセルを煽ってみてもスムーズに異音もなく吹けあがります。しかも吹けあがりが軽いッ!

なんかいままで載せてたエンジンと吹けあがりの軽さがだいぶ違うなー

P6150115.jpg

問題ないすということでカバー類を付けてもとの姿に


そして昨日、今日と乗りましたがすこぶる調子いいです。

やっぱエンジンの吹けあがりが軽いしアクセルに対してのツキもいいし、高回転域に入ってからのひと伸びがあるので気持ちいいです。

どうしてこんなに違うのか?

考えられるのは、借りて付けてたエンジンはまだ走行距離が短かかったし大事にしなきゃということで高回転まで回さずおとなしく乗っていたからまだフリクションが抜けきっていないせいもあるんだろうとおもいます。

もともとのエンジンは慣らしをしっかりやって、スーパーゾイルを添加したりオイル管理もきっちりやったうえでサーキット走行などでガンガン高回転まで回していたのでフリクションが抜けているせいなのかな?と

まっ、それもあるんでしょうけど

こう言うじゃないですか

「腕のいいプロがエンジンを組みなおすだけで調子が良くなる」と

今回もきっとそれなんですよ

わたしの信頼する後輩のバイク屋が一度バラして組みなおしたエンジン

「よッ!さすが~ゴットハンドッ、茨城のポップヨシムラ!」

このぐらいヨイショしとけばいいですかね、ただでやってもらっちゃったし・・・(いやいや、ほんとに腕はいいですよ)


いや~結構長いことかかりましたが無事エンジンが復活してもとの鞘におさまりました。

これでさらに気持ちのいいカブライフをエンジョイ出来ます。

でも~ なんだったんでしょうか?異音は・・・・ま いっか~ おやじのそら耳だったということで(笑)

新品はきれい

ここのとこダックスねたばっかりですが・・・・きょうもです。

P6130104.jpg

前回のフロントフェンダーにつづいてリアフェンダーです

P6130105.jpg

やっぱ新品はちがいますね~ ツヤツヤです

まだこうした純正の新品パーツがけっこう残ってるんですよね

まだあるうちにしっかりゲットしておきたいところですがまとめてドサッと買える予算がないのでちょびちょびと懐と相談しながらそろえていくしかないですねー

P6140107.jpg

今回はこのサイドグリップも買っといたので交換します

P6140108.jpg

このサイドグリップなんてパーツリストで見ると当時価格が400円なのに今回は2500円ほど出しましたからねー。メーカーから取り寄せたのではないんですが。

ちなみにフェンダーのほうは、フロントが当時価格2650円で今回買ったのが7000円ほど。リアが当時3000円、今回が6000円ほどなのでサイドグリップほどの値上がり率ではないですね。ダックスはフェンダーが年式によって何種類かありますが今回のタイプのフェンダーのメーカー在庫はあと数個らしいです。欲しい人はいまのうちにゲットしておいたほうがいいですよー。

P6140109.jpg

ついでにマフラーなどもはずして磨きました

P6140110.jpg

マフラーはカバーだけじゃなく本体もメッキなので磨き甲斐があります

このマフラーもまだ新品が残っていてカバーやらステーやら一式でも3万円弱、けっこう安いですよね。とはいえ3万円をすぐにポンッとは出せませんが(泣)

P6140112.jpg

リアタイヤもはずしてついでにホイルも割って見ました。

フロント同様サビもほとんどなくチューブもぜんぜん大丈夫でした。

でも合わせホイルは水が中に入りやすいようでタイヤの付いた状態で先に水洗いしたんですがその後タイヤをはずしてみるとチューブが濡れるほど水が入ってました。

モンキーのホイルもこのタイプなのでサビていないか近いうち見とかないと・・・・



フラワープリント

P6070092.jpg

フロントフォークのこのアルミの部品を交換するためにここまで分解しなければなりませんでした

P6110096.jpg

もちろん両側やりました

P6110097.jpg

このピンを抜くのにてこずって丸二日かかっちゃったんです

P6110101.jpg

しかし交換した甲斐がありフロントフェンダーも含めてフロント廻りが見違えるようになりました

今後もクローン化を着々と進めようとおもうのですが、ダックス甲クローン化の最大の難関であり、もっとも意義のあるとこは・・・・・・

P6110099.jpg

この花柄シートだと思われます

もちろん新品部品としては欠品、ホワイトダックス専用シートなので中古もほとんど出回りません。出てきたとしても色褪せや破れでいい出物はありません。

それだけに甲についてるこのシートこそ温存しときたいんですよねー。しかし代わりのシートっていっても今言ったとおりなので見つかりません。破けたボロボロのシート付けといてもねェ・・・・

なので仕方なく

P6110100.jpg

ふつうのダックスの黒シートの程度のいいやつを入手しました、かたちは一緒です。

P6110102.jpg

そのうち花柄の程度のいい中古や、もしかしてデッドストック品なんかがでてくるかもしれないのでそのときまでこの黒シートで我慢しましょう

そしてシートヒンジは新品を用意したのでさっそく交換してみたら

P6110103.jpg

あ~ やっぱぜんぜん雰囲気変わっちゃいますね~ 

華やかさとかわいらしさがなくなっちゃいました ざんねん

ん~ やっぱ花柄シートあってのホワイトダックスかー

ん~そうなのよね、だからこそ花柄は温存しときたいけど・・・・

いや 花柄が付いているのを飾っとくから意味があるんじゃない・・・・・ はァ 悩むなぁ~


結論  我慢して普段黒シート付けといて、毎年お正月三が日だけ新年特別花柄シート大公開日にしまーす!

って、それよろこんでいるのは自分だけでしょうけどねェ(笑)




ダックス甲クローン化計画

ほぼ同時期にやってきたダックス甲乙、これまで乙いじりに専念してきたためほぼ手付かずだった甲さんですがある計画のため少しずついじりはじめました。

ダックスに興味をもつお客さんはみなさん「きれいだね~」と言ってくれるんですがやっぱり40数年という時間の経過には抗えないところもあります。

P4180288.jpg

そしてある計画というのはダックス甲の部品を少しずつ、入手でき得るかぎり新品で揃え、それを交換していき甲のクローンを作ってしまおうってことです。

まあこう考えたのも、店内でなるべく直射日光の当たらないところに置いておくのですがやっぱり紫外線の影響等はあるので色あせや劣化が進むだろうし、それと、「ここにこんな新車のダックスがあるなんてのが知れ渡ったらガラス破ってでも盗みにくるひとがいるかもよ~」なんておどかされたりしたもんで(笑)いやいや笑い事じゃなくダックス甲乙、モンキー3台いっぺんに持っていかれたら泣きますからね。いや泣くどころか死にたくなりますよ。

ということで時間も掛かるだろうし入手できない部品も出てくると思いますがすこしづつやっていこうと思った次第です。

まずは前後フェンダーの新品を入手したのでフロントから

P6070090.jpg

パッと見はきれいなんですが近くでみると落としきれない点サビがあります

P6070091.jpg

奥 新品、手前ついてたやつですがならべると一目瞭然、光沢がぜんぜん違います

新品はツヤに深みがありますね~

P6070092.jpg

でついでにフロントフォークのこのアルミの部分も交換しようと新品部品を入手

P6070094.jpg

この部分はインナーフォークを抜いてさらに分解しないと交換できないようです、「グリスでベタベタだしめんどくせぇ~」

まッ、あわてる必要もないしのんびりやりましょ

タイヤをはずしたついでにホイルを割って見ました

心配したサビもほとんどないし、チューブなんてぜんぜんなんともなくこのまま走ってもだいじょうぶなほどの状態でした。



P6080095.jpg

さあ、ダックス甲のクローンいつ完成するでしょうか? 
すべて新品部品というのは無理なので、ないものは中古部品を塗装したりしてやっていくつもりです。
思い通りに完成したらクローンのほうがピカピカになるですね・・・・したらそっちのほうが価値なくない?

いやちゃんと製造ラインを経てホンダの工場から出荷された新車状態のものと、クローンはピカピカでもあくまでレストア車ですからねー、盗むんならクローンを持っていってください(いつか盗まれるという被害妄想になってますが 笑)

原因は・・・・

とりあえず復活したもののまだ問題の残るダックス乙です。

なにが問題かというと、まず電装関係でヘッドライトがつかない、ウインカーの後ろ左右どちらもつかない、ブレーキランプがつかない、ニュートラランプがつかない等です。
そしてエンジン不調で、チョークを戻すとアイドリングしない、吹けあがりもいまいちってな感じです。

これらを解決しないことにはナンバーは付けたものの公道を走れません。

電装関係苦手なんだけど、ヘッドライトがつかないのにはちょっと心当たりがあったのでライトをはずし配線を見てみるとやっぱり繋がっていない端子がありました。これを繋いで見ると無事ライトが点灯。

まえにライトをはずしたときに「あれッなんだこれ?繋がってないや」と思ったのですが、「いつやるの? あとでしょ!」とそっとフタをしたところでした。

つぎはウインカー。後ろふたつともなのでなんだろうとおもったんですが右側は端子がはずれていて左は球切れでした。右は端子をつないだら点灯、左側の球は「6V球そのへんに売ってないんでどうしよう?」とおもってたらダックス甲さんがいるじゃないかとちょっと球を拝借して付け替え左も点灯しました。

なんとも幸先のよいスタートだったんですがブレーキランプとニュートラランプはまだ解決してません。


さてもうひとつ問題のエンジン不調

どういう感じかというとチョークを引くとエンジンは掛かるのですが温まってチョークを戻すとエンジンが止まってしまいます。

アイドリングスクリューとエアースクリューで調整してもだめです。

まあキャブが怪しいので、組むまえにちゃんと掃除したつもりだったんですがもう一度ばらして清掃しなおして付けてみましたがやっぱりダメでした。

チョークを引いてないとエンジンが止まってしまうということはガスが薄い?ということは2次エアーを吸ってしまってるんだろうか?と素人なりに考えインテークマニーホールドをはずして点検してみました。

P6040087.jpg

そうすると・・・・
あやしくないですか~? 黒くなってるあたり、ここから空気を吸ってしまってたんじゃないのかな?

すがくっていたかんじなのでオイルストーンでならしました

P6040088.jpg

これで本調子に戻ってくれればと願いながら付け直してエンジンかけて見たものの・・・・・・

やっぱだめ~ ショック

でも多少改善しチョークを完全に戻してもアイドリングはするようになったんですが、吹け上がりのほうがぜんぜん良くありません。

プラグをみてみると

P6050089.jpg

真っ黒ですね、こんどはガスが濃い?

いやガスが濃いというよりきちんと爆発していないんじゃないかな?とおもいバルブタイミングをもう一度確認
プラグも新品だったんですが念のため予備の新品に交換もしました。

P5290050.jpg

Tマークと合わせマークはちゃんとあってるんですよねー

じゃあポイントかな? と思いポイントの調整と接点磨き

P6040083.jpg

ダックスの古いやつはポイント式でフライホイールのなかにポイントが見えます

銀色のクリップの先みたいな形をしたのがポイントです

点火時期調整は電球を繋いで調整する方法がネットに載ってましたが今回はとりあえずギャップを調整して点火時期を合わせるほうほうでやりました。

フライホイールをゆっくり回していくとFマークが合わせマークにくるあたりからポイントが開きはじめ一番開いた時点で画像の上側にあるプラスネジを緩め、そのすぐ下にある切り欠きにマイナスドライバーをあてて左右にこじってやるとポイントが開いたり閉じたりするのでギャップをシックネスゲージの0.40が入るくらいに調整しました。調整前はかなり狭い感じだったので「原因はこれだったかー!」と鼻息を荒くしてエンジン始動してみたんですがたいして変わりませんでした(泣)

P6040084.jpg

きっとだめなんだろうなと思いながらポイントの接点をペーパーで磨いてもやったんですがやっぱり変わりませんでした。

さあ、あとはどこを調べればいいでしょうかね?

こうなったらタイヤに塩を盛って、お神酒でもかけてみますか~
プロフィール

パスタおやじ

Author:パスタおやじ
バイクは増えましたがメインは07カブ、10年10万kmをめざして乗り続けます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR