近況

なぬッ もう5月! びっくりしたなーッ!
って知ってたけどね

それでわたくしめの近況ですが・・・・

「そんなこたぁー どうでもいい」とおっしゃるかたはスルーしてください。

まずCBR250Rですが、順番からいくとこいつをまず走れるようにしないといけないんですが・・・・

P4300323.jpg
   すっかり、うらぶれた雰囲気を醸し出していますが・・・

当初の意気込みはどこへやら、自分では手に負えないと早々に白旗~
近いうちにバイク屋に丸投げする予定です。
頼むぞバイク屋 いい仕事しろよ! 精進精進!

そして、カブのエンジン。
もともと載っていたほうですが圧縮漏れの形跡と異音がするために自分でヘッドを分解して組みなおし⇒なんだか異音ひどくなる ありゃー? なんでだ

腰下のほうから聞こえる気がするのでクランクのベアリングではないかとバイク屋に持って行き腰下をバラして見てもらう⇒バイク屋いわく「クランクのベアリングはなんともねえど、ほかも異常ありそうなとこねえげどな。だってエンジン降ろしたとき腰下のほうはいじってねえんだっぺ?降ろす前より音が大きくなったっていうんなら自分でやったヘッドのほうじゃね?」   ぎゃっ!おっしゃることはごもっとも・・ということはなんですか、わたしが弄りこわしたということでしょうか?・・・・・ん~?それはあり得る エヘッ 「じゃあヘッドのほうもばらして見といて ヨロシクー」といまもエンジンはバイク屋にあります。
近日結果がわかるでしょう。
わたしのアンポンタンなミスが明らかになってもオブラートに包んだものの言い回しで言ってねバイク屋ちゃん・・・・

それから自動二輪限定解除
もう5月ですもんねー ヤバイヤバイ・・・・今年中にどうかな~?
妻のほうは一度受けたあと日に日に自信をなくしていってるようで半分あきらめムードになってます。わたしは見てないけどよっぽど試験内容がひどかった?・・でも一回くらいであきらめてどうする
「初志貫徹も星一徹もわからねえアンポンタンの根性なしめが!」 とは言えません。なんせわたしはまだ一回も受けにいってませんからね~ アンポンタン夫婦でいいか~

そしてこれらを後回しにして取り組んでいるのがダックス乙号

P4300324.jpg

足回り駆動系は順調に仕上がりあとはヘッドさえ組んでしまえば完成なんですけど
ここでつまずいてます
P4300322.jpg

「このカバーのネジが回らん」プラスネジなのでネジの頭をだめにしてしまいそうで怖い
ここのカバーが取れないとカムやらをはずせないんですよね
CRCを何度もスプレーしたり、コツコツと叩いてみたりとやってるんですが頑固でだめです
これも困ったときのバイク屋頼みかな?
それか中古でヘッドの程度のいいの買ってしまおうかともおもってます。

まずは早く走れるようにして夏にはこれでツーリングに行きたいです
山形、秋田、岩手あたりを回ってこようかなー
当初はカブでいこうと思っていたのですが、カブだとあたりまえに行ってあたりまえに帰ってきてしまうと思うんですよねー
カブはどんな状況でもまったく音をあげないから
そこがすごいし頼りにもなるんですが、どうしても一気に走りすぎてしまうきらいがあります。もっと、のーんびり、「そろそろバイクを休ませようか?俺も疲れたし」てきな感じがいいじゃあありませんか。そこで見たなんともない景色が意外といつまでも頭に残ってたりするもんなんですよね。歳を重ねるにつれのんびりゆっくりの旅もいいです

 月日は百代の過客にして 行きかう年もまた旅人なり

と芭蕉もなかなかいいことを言っていますが・・・・・・なーんて、いまいち意味もわかってませんし、奥の細道よんでないし ま、雰囲気ということで使わせてもらいました、「バショウ、ごめんねー」(笑)




スポンサーサイト

また来たよ、佐渡

佐渡へ佐渡へと草木がなびくようわれわれ二人も23日夜佐渡へ向けて出発しました~

P4240063.jpg

夜中新潟港に着き仮眠して朝方4時半ごろから乗船準備

P4240301.jpg

雲行きはあやしいもののまだ天気はもってます。

P4240071.jpg

6時ちょうどの~ おけさ2号で~ じゃなく、おけさ丸で新潟港から出港~

P4240304.jpg

2時間半後、両津港に到着

予報どおり天気はあまりよくないですねー

午後はほぼ確実に雨のようなので、予定を変更してまずはドンデンに先に登ろうということにしました

P4250321.jpg

両津港からそんなに遠くないです

すでに雨がポツリポツリと落ちてきましたがまだカッパを着るほどでもないのでいっきにドンデン山頂まで

P4240077.jpg

標高千メートルほどで勾配もけっこうきつくノーマルモンキーではヒーコラいいながら、やっとこさ登ってきました

道路に雪はありませんでしたが、まだ雪渓がかなり残ってます。でもそんなに寒くはないですねー。

佐渡在住のshibaさんの情報によるとこの道は前日冬季道路閉鎖が解除になったばかりだそうです ラッキー

P4240075.jpg

両津港を見下ろせましたが生憎の空模様で残念

天気が良ければ本州の山並みも見渡せるようです

P4240074.jpg

ここでカッパを着て、来た道を両津まで戻りそこから海岸線一周をスタートします

P4240079.jpg

県道45号海岸一周線道路を反時計周りでおよそ200kmの距離をスタート

P4240311.jpg

いちばん北側に突き出た岬を越えたところの大野亀まで走ってきました

ここまで信号ひとつもなし、一台のクルマにも抜かれることがありませんでした まさにモンキー天国

小休止して次は島のくびれの反対側、相川まで走り休憩。店で焼いたピザを持ってきたのでそれを道沿いのあづまやで食べました。

このあたりにくると風が凄く強く写真を撮るのもままなりません。

で、ここから残りおよそ半分の100km。現在12時過ぎ、帰りは16時のフェリーなのであまり時間の余裕がなく給油だけしてノンストップで両津まで走ることに

いぜん雨は降っているものの2台のモンキーはいたって快調で満開の桜並木を追いかけっこしながら両津まで無事完走しました。

走り出してからおよそ6時間。ずっと雨のなかを当初の目的、ドンデン山と海岸線一周をみごと完走しました

あのー、もしかしたらこれを読んでくれている方が 「雨のなか、モンキーで6時間も走るなんてさぞかし辛かったろうに、お気の毒様」などどおもわれたかもしれませんが・・・・・・・それがねェ めちゃ楽しいんですよ!  途中、止まるごとに「アハハ~ッ 楽しいですね~」「ほんと 楽しいねェ」 と言い合ってたMライダー二人なんです。

もともと雨のなかを走るのは嫌いじゃないし、自然相手ですからね。 自然をより感じられる乗り物がバイクなんだから雨も楽しんでしまおう、ということでとてもたのしい佐渡一周でした。

両津港に着き会長がいつも寄る定食屋さんで食事

P4240085.jpg

カレイの焼き魚定食

美味しくいただいてからお土産やに行き買い物をしているとshibaさんが私たちを見つけてくれました。

P4240090.jpg

shibaさんはダックス70とタイカブに乗り、バイクのほかにもいろんな趣味を持って楽しんでおられる私と同年代の方なんです(ブログもやっているのでリンク先に加えさせてもらいました)。

P4240088.jpg

フェリーの時間が迫っていたのでちょこっとしかお話できなかったのが残念ですが、握手をしてまたお会いしましょうと約束しました。

shibaさんにはお土産までいただいてしまい船に乗ってから見てみると

P4250319.jpg

ダックス甲号とおんなじミニチュア!

これすごい! 細部まで甲号といっしょだ。

shibaさんありがとうございます。こんな素敵なプレゼント。かりんとうも美味しかったです。

P4240317.jpg

そして2時間半後、まだ明るいうちに新潟港へと戻ってこれました。

今回ずっと雨のなかでしたがソメイヨシノ、ヤマザクラ、八重桜が同時に咲いている佐渡は秋に来たときとは違ってとても華やいでいました。そんななかをモンキーでストレスを感じることなく思いっきりはしれてとてもたのしい旅を満喫することができきました。会長、今回もありがとうございましたッ! そしてshibaさんもありがとう~!またあいましょう。



ふたたび佐渡へ

昨年10月に佐渡マイスターの会長に連れられてはじめてモンキーで佐渡一周してきました。

200kmくらいの距離を一周するあいだ後ろからクルマに抜かれたのは数回、信号も数個、なにより一周するあいだずーっと海を見ながら走れたという記憶がいまだ焼きついてます。

モンキーにとって理想郷の島

その佐渡にまた行ってきまーす

あさって火曜の夜、店を閉めてから迎えに来てもらったワンボックスにモンキーを積んで一路新潟港へ。
仮眠して朝6時のフェリーで佐渡に渡りそのまま一周して夕方のフェリーで新潟に戻りその日のうちに帰るという前回とおなじパターンです。
前回は時計回りに一周したので今回は反時計回りに回ろうということになってます。さらに予定通りの時間で一周できたら佐渡全体を見渡せるどんでん山に登る予定なのでノーマルモンキーでは走りっぱなしになるらしいです。
まあそれも冬のあいだほとんどモンキーに乗ってなかったので走りっぱなし望むとこです。
ワーハッハー楽しみだー。

天気が良ければ最高だなー、さらに放鳥されたトキでも見られればうれしいですねー、前回は走りながらきょろきょろしてたんですが見ることはできませんでした。

トキといえばきのうニュースで放鳥したトキの卵が孵化したっていってましたが卵を産んだメスがどっかいってしまってオスが抱卵してヒナを孵したそうですね。そのメスはあろうことか他のオスと巣作りをはじめていたというなんとも節操のない感じですがまあ野生のトキ復活に向け頑張ってるととらえたほうがいいんでしょうか。
メスに逃げられたオスのトキ 後姿に哀愁が漂ってました トキの世界もいろいろとたいへんなんですね、応援したいです。

それでは無事に帰ってきましたら報告いたします。

ダックス甲号

P4180288.jpg

ダックス50 奇跡の未走行車

P4180289.jpg

押し歩きした分くらいの距離

P4180290.jpg

モンキーの未走行車は結構あったりするけどダックスはまずめったに出てこないですよねー

そもそもこれを新車状態のまま40年以上も保管しとくというのはどいいう心境だったんですかね

いまでこそ珍重されて人気があるけど当時はフツーに実用バイクだったでしょうし

それに室内に保管するにはビミョーに大きいし

まあそれはともかく、この状態で残っててそれを善良な一般市民であるダックス好きのわたしに神様が授けてくださったのでしょうね (いや大枚はたいて買ったんですけどね)

P4180291.jpg

またこの花柄シートがレトロで泣かせるじゃないですか

跨ろうとする人がいたら、厨房からとんできて「ガルルルーッ」と威嚇します。
「だったら置いておくな」と言われそうですが・・・・

で、この甲号は一切乗ることはしません!
エンジンをかけることもしません、凍結保存状態で後世に残します。

ホワイト同士のダックスとモンキー、犬猿の仲と言いますが、店の中に並んでる姿はとても微笑ましくてなごみます。


ダックス 乙号 甲号

ようやく切腹の傷も癒えました・・・・

なんちゃって 切腹なんてするどころか至福の時を過ごしてま~す。

ダックス乙号もボディのほうはだいたい仕上がりました。

P4180295.jpg

足回りや駆動系は新品部品に交換して、あとはサビ取りやこびりついた泥汚れなどを落としてきました。

だれに急かされるわけでもなく開いた時間にコツコツとバイク弄りをするのはまさに至福のひとときです。

なので急ぐことなくのんびり少しずつやってきました~

のこりはステップとセンタースタンドをはずしてサビ落としだけで済ませるか?塗装するか?といった作業くらいになってしまいましたね。

それも終わってしまえばつぎはエンジンにかかります。

ボディはなるべくヤレ感とオリジナルを残そうとタイヤ、ホイル、ハブ、ショック等以外はそのまま部品を使って磨いただけでいまのところ塗装もしてません。サイドスタンドなんかもパーッと塗装したかったけどこらえました。部分部分だけキレイになるのをなるべくおさえるためです。

P4090286.jpg

このスポーツⅡはノーマルでも通常のダックスより太いホイルとタイヤなんですがそのノーマルの太さで4Jのアルミホイルを買ったらなぜかやけに太くてギリギリのパツパツになってしまいました

P4070283.jpg

チェーンとホイルの隙間は2mmもないくらい・・・・
だいじょうぶか? ちょっとでもチェーンが横に振れると接触しそうです。
でもカッコいいからこのままいきます(笑)

P4090287.jpg

それからリヤショックを交換したのでフロントフォークのオイルも交換しようとおもったんだけどステムからフロントフォークが抜けません。どうやらサビで固着しているようです。

P4090284.jpg

それにフォークオイルを抜くためのインナーチューブの頭の蓋をどうやってはずすんだか仕組みがわかりまへん・・・
カブ110やベンリィみたいに見ればはずし方がわかるといったふうじゃありません はて?

なのでスルー・・・あきらめ肝心(笑)

P4180297.jpg

それから買ったときにはついてなかった前かご
お買い物仕様にするためには必須だったのでオークションで落としました。
粗大ごみの日に捨ててありそうな代物ですが、カゴはともかくステーがレアでアレらしくけっこうな落札金額になってまいました。
でもカゴのヤレ具合といい納得の一品です。

それからリヤボックス、どんなのがいいかな~? と考えてたんですが、店にうってつけのがありました

P4180299.jpg

業者からもらった小さめのコンテナボックスでーす
 
ダックスにはほどよい大きさで、色といい、ヤレ具合といい ピッタリです!


まあそんなこんな、たのしみながらここまで仕上げてきました。
 

ところで前記事の辞世の句といい、この記事の書き出しでダックス乙号とよんだりと意味ありげにいやらしいですが、そうです立て続けにもう一台購入してしまったんです。

P3260275.jpg

P3260276.jpg

ウワァーオ 未走行 極上品~!


くわしくは次回



辞世の句


 かくすれば

 かくなるものと知りながら

 やむにやまれぬダックス2台 


   ・・・・・・・切腹~ッ

ドツボ~

ダックスの部品が揃ってきました

P4030279.jpg
前後アルミホイル 前後ハブ ブレーキ一式 前後タイヤ チューブ リヤショック 前後スプロケ チェーン

わたしにしちゃ珍しく全部新品

結局、足回り 駆動系は総取っ替えってな感じになってしまった  ドツボどぇ~す(泣)

むやみに新しい部品にせず味のあるままで・・・なんて言っていたのに、つい

いやッ!でもまあ 足回りや駆動系は走りの要ですから・・・あとエンジンも・・・どうせなら外装もきれいなほうが・・・

こうやってみんなドツボにはまっていくのでしょうね。

わかっちゃいるんですが・・・おバカなわたし・・・・

使いきったぜ

いつもは(と言っても以前1、2度しか買ってないですが)使い切るまえにカペカペになって使用不能となり捨てる羽目になっていたピカール、今回はキレイに使い切ってやりました。


P4010277.jpg

買ったのはいつだったか?以前の記事を読み返せばわかるんですがめんどくさいのでいいや・・・・
多分モンキーが来てそれを磨こうと買った記憶があるので、そうすると一年弱で使い切ったことになります。

モンキーはピカピカになり、カブのスポークやベンリィもこれで磨いてきれいになりました。

ピカールがいいのはまず匂いがほとんどない、そして化学成分を含んでない、そして安い。

あまたある磨き剤のなかでコストパフォーマンスはNO1じゃないでしょうか。

これからダックスを磨くのに新たに一缶買ったのは言うまでもありません。
やっぱアナログなバイクを磨くのはアナログ的なコンパウンド ピカールでしょ!

以前も褒めちぎったけど今回も褒めちぎりました。
でもわたしはピカール関係者じゃないです。
ただ、たまたま間違ってピカールの社長さんがこのブログをみて「ほう そんなに褒めてくれるんなら1ダース送ってやるか」なんてことにならないものかと淡い夢を抱くシガナイ中年男ですから・・・・・・・いやいや冗談です、ピカールくらいは自分で買えるのでだいじょうぶです。それに1ダースももらってもねェ、10年以上磨き続けないと使い切れませんから(笑)

プロフィール

パスタおやじ

Author:パスタおやじ
バイクは増えましたがメインは07カブ、10年10万kmをめざして乗り続けます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR