果たして中は

リヤの足回りをばらしてダメな部品を揃えているあいだエンジンのヘッドのほうもはずしてみました。

キックが降りないのはきっとシリンダー内のサビが原因だと思うので開けてみるのがこわいです。

P3230267.jpg
あッ・・・・・ありがとう (なわけない)


P3230265.jpg
うッ・・・・・うひょ~ッ うれしい (わけない)

P3230268.jpg
むッ・・・・・むすめさんよく聞~けよッ♪(意味わからない)

と、まあ中は素敵なことになっておりましたわ


スポンサーサイト

年季入ってるねー

あらたにいじりバイクとして加わったダックス。

このぐらい年季入ってるといじりがいもあります。

P3180252.jpg

奥に居られるCBR様は素人のわたしには手に余りますのでいまのところ放置されてます(いや近いうちちゃんと直すつもりですよ)。

どうしても気軽なほうに手がいってしまう、ということでとりあえずリヤ周りからばらしに入りました。

P3180255.jpg

まあサビやら泥やらすごいです

P3180254.jpg

リヤのスプロケなんてこんな状態

P3180257.jpg

スイングアームもサビサビ

P3190260.jpg

ウわーォッ ホイルの内側 サビの巣窟

P3230264.jpg

手裏剣として使えそうなほど尖ってる

P3180258.jpg

リヤ周りばらしてみて、タイヤ チェーン スプロケ だめ~  リヤショック ホイル チューブ ん~微妙 スイングアーム アクスルビボットシャフト等は使いましょ って感じですかねー
外装はサビてるものの気にしなければ使えそう
メンテはあんまりしてなかった感じだけど意外にキズなどがなく唯一左のリヤウインカーがちょっと曲がってるかなくらいの程度です。

でもそうとうの年季ものにはちがいないですが・・・・

大人のカスタム

P3230269.jpg

わたしのブログを見て今日はじめて店に来てくれたOさんのカブプロ

いっけん普通のプロに見えるんですが遠目にみても質感の高さがプンプンとしてるんですよ。

近くで見るといろんなところが変わってました。

P3230273.jpg

まず目を惹くのがサブタンク

ステンレス製のワンオフものだそうです

これがあれば航続距離もグッと増えて安心ですよね、そのまえに存在感がすごいしカッコいい!

ワンオフだけあって取り付け部や細部の造りも凝っていてすばらしい仕上がりです

BRDマフラーはあえて焼き色を消してヘアーライン仕上げというこだわり

シートも厚みを出して造り変えたそうです

P3230274.jpg

プロ専用のフロントキャリアもノーマルとは違ってます

これもステンレスの太い棒を使ってワンオフで作ったものだそうです。それに合わせてライトの位置も変わっているので雰囲気もちがいますね。

そのほかベトナムキャリアやリヤボックスの上のキャリアなどなどみんなワンオフもの

すべて現物合わせだから取ってつけたような安っぽさがなく、すべてが違和感なくまとまっていてカブ自体の質感がかなり向上してますね~

こういう大人のカスタムは憧れますね、カブ110のプラスチック外装の質感の低さを完全カバーしてます。

ちなみに風防はハーレーのものだそうで、これまたうまくマッチして付いているんですねー

Oさんのセンスのよさがうかがい知れるカブプロ、こういうカスタム好きです!

さりげないながらもこういった細部にまでこだわって違和感なく仕上げるのは相当情熱がいると思いますよ。

Oさんも自慢するわけでもなくさりげなく説明してくれるんですがカブに対する情熱は相当のものとお見受けしました。

きょうはいいものを見せてもらったしOさんとお話もできて良かったです。

意気揚々

きょうはなんと妻が普通自動二輪の一発試験に行きました。

わたしは「まずは小型から受けな!」といったのですが、妻はこの前の下見のときに試験官のひとが「小型も中型も大して変わらないから」と中型で受けるのを進められたと言い張り無謀にも中型で受けることになりました。

しかしほんとかなー?試験官が小型も中型もたいして変わらないなんて言うか~ おおきく変わると思うけどな~

まあとりあえず一回目はお試しのようなものだから気の済むように、といっても転倒だけは気を付けてもらいたいものだと思いました。

で、いままで乗ってたベンリィはロータリーシフトだからリターンシフトに慣れるため試験前の2日間、家と店の往復をモンキーに切り替えました。

P3210261.jpg
 
モンキーのほうが乗りやすいそうです。


で、きょうの結果はどうだったかというと・・・・・当然落ちたわけですが、なんとスラロームまで行ったそうです。

50cc以上のバイクに乗ったことない割にいきなり400cc乗ってそこまで走れるとは立派。

ただ、聞くと坂道発進では発進できずズリズリと坂の下まで後退し、見かねた試験官が下まで降りてきて「右足をフットブレーキからはずしちゃだめだよ」と教えてくれたり、一本橋で途中落ちたのに「はいその先のスラロームまでやってみな」といわれてスラロームまでやったりと・・・・・でも一本橋落ちたら即試験中止のはず? それにバイク引き起こせるの?と試験官に言われ、中型なのに引き起こしまでやらせてもらったというんでわたしは (こいつ試験場いくつもりでまちがって教習所いってねえか?) と確認したらちゃんと試験場だったそうで。 でもたしかにこの前下見にいったときにずいぶん試験官の方々フレンドリーだなぁとは感じたんですよね。わたしがむかし一発受けたときはなんか融通の利かないお堅いイメージだったんですけどね。

当の本人は試験官やまわりの受験者にもやさしくしてもらったと喜んでいて、落ちたショックや挫折感はみじんも感じてないようで、また行くんだと意気揚々張り切ってます。

老犬

みなさん、お待たせしました! (だれも待ってなかったですか)

 ありがとうございます!

我が家? 我が店にダックスちゃんがやってきましたよ。

P3180250.jpg

かなりの老犬ですが
ホワイトダックス70 スポーツⅡ です。‘71とか‘72年あたりのものでしょうか、40年選手ですね~

P3180252.jpg

シートはありますがヒンジが付いてないのでとってあります。

いきさつは以前の記事でご紹介したとおりなので横着して省きます

ホワイトで70ccクラッチ付きと理想のダックス

でも、[腐っても鯛]ならぬ[腐ってもダックス]で、まあそこそこのお値段だったのでためらってたんですが、確認のためキックを踏もうとしたらキックが降りない・・・・・そこのバイク屋さんも、引き取ってきたときにはキック降りて圧縮もあったんだけどと困ってしまってました。

で足元を見るわけじゃないけど「そんで いくらになる?」と聞くと思った以上のディスカウントだったので購入決定でした。奥に写っているCBRのように安物買いの銭失いにならなければいいんですけどねェ、まず懲りてないですね。

そう、そのCBRどうすんだ?そっちが先じゃねえのか? という声は聞こえないふりしていいでしょうこの際・・・・・おめでたい話ですから アハッ

このダックスの特筆すべき点は(手前ミソですが)まずほぼオリジナルを保ってること。
かなりヤレてますが変に改造、補修もしてなく塗装も塗り替えてません。ステッカーもすべてそのまま残ってるんです。
けっこうこういうのは貴重です。
そしてこの型の特徴のエンジンガードも付いたままです。
また他のダックスとちがうのはフロントフォークがオイルダンパーになっていること。通常のはモンキーなどといっしょでバネだけでオイルが入ってません。
そしてクラッチ付き4速ということ。
それから前後ホイルのリム幅が広くタイヤもワンサイズ太いものが標準装備なんです。

こういう特徴をそなえたスポーツⅡはレアだとおもうんですよねー

これからまず、ひととおりきれいにして整備していきますが塗り替えたり、消耗品を除いてむやみに新品部品をつけたりということはせずこのヤレた感じを残してみたいと思ってます。

なかなかやりがいがありそうです。

CBR復活か・・

復活~ッ CBR 

P3170247.jpg

めっちゃ綺麗になってるし

P3170248.jpg

エンジンの吹けあがりも感動的~

しかも丸目2灯のRR仕様に!

・・・ってこれ俺のCBRじゃねェー、ごめんなさいこれは会長の秘蔵コレクションの一台です。

きょう店に乗ってきてくれました。

めちゃくちゃ程度いいですね~ お宝ものですよ

フレームやスイングアームのごっつさはRの比じゃないです、コストかかってんなあって感じで私のRが貧相に見えました(泣)

エンジンの調子も最高で軽々と吹け上がります、それもマルチ独特の揃った音で鳥肌もん

唯一、優位に立てるのはRは規制前の45PS、会長のRRは規制後の40PSってとこだけでしょうか

エンジンも2万回転まで回るというからさぞかし さぞかしでしょうねー。 あ~ 早く自分のR直そうっと。

膝が・・・

マイカブちゃまが最近止まるぐらいのスピードで走るとリヤまわりからまるで私の膝みたいにギシギシと音がするようになりました。

わたしの膝ならコンドロイチンとかグルコサミンがいいんでしょうけど、カブの場合はグリスでしょうねー。

以前、ベンリィも同じ症状でスイングアームビボットボルトを交換したんだけど、まあ交換しなくてもグリスをつければ大丈夫そうだったので今回はボルトを交換せずグリスアップで対処しようとおもいました。

P3160245.jpg

ビボットボルトならタイヤをはずす必要もなさそうですが今回はついでにスイングアームをきれいに掃除しようとタイヤまではずしました。
いやー、最近あったかいのでバイクいじりに意欲がでてきましたよ。

P3160234.jpg

いつものようにタイヤをはずし、スイングアームの付け根のビボットボルトをはずしてリヤショックをとればスイングアームがはずせます。

P3160237.jpg

けっこう汚れてます。

P3160235.jpg

で、当初の目的のほうのビボットボルト
やっぱサビがでてますね

P3160236.jpg

油っけがまったくなく最初からグリスとかついてなかったんじゃないの? といった感じです。
サービスマニュアルにも組み立てのときにグリスを付けるようにはなってないんですよねー

でもここはグリスでしょ~?

P3160239.jpg

そして取り付けるまえに普段きれいにできないこういうところも洗っときました。

P3160238.jpg 

スイングアームに付いているチェーンケースパッキンも普段きれいにできないのではずして洗います。

P3160240.jpg

きれいに掃除したスイングアーム

P3160241.jpg

チェーンケースパッキンもごらんのとおり綺麗に

P3160243.jpg

そしてもとのように装着

いつも気になっていたところがきれいになって気持ちいい

そしてわたしの膝のギシギシは直りませんが、カブちゃまのギシギシは見事に消えました。



めげずに

先月は参加者が少ないということで中止になった走行会ですが今月はいつものメンバーがそろって開催されました。

わたしは例によって店のランチ営業がおわったあとの参加でした。

なにで走ろうか・・・・CBR250R いまだ不動状態。 カブ110 まだエンジン直していず、いま載せてるエンジンはあまり酷使したくない。 モンキー なんかのはずみでコケてキズものにしたら泣くからイヤ。

じゃあベンリィだ! ということでトコトコと行きました。

途中風が強く、土埃なのか花粉なのか黄砂なのかPM2.5っちゅうやつなのかとんでもなく茶色いそらになってました。

花粉症のわたしはそれを見ただけで「ムギャ~! 帰ろうかな・・」と思ってしまったほどでした。

しかし、わたしの颯爽と走る姿を見るのを楽しみにしている人たちが・・・・・・は、ひとりもいませんが、自分で走るのは楽しいのでめげずにいってまいりました。

P3130230.jpg

会長のドリーム50 2台と並べて

会長がボアアップモンキーとは別のノーマルモンキーを持ってきていたのでそれに乗らせて貰いました。(自分のモンキーはキズものにしたらたいへんだとか言っときながらですがね・・・)
モンキーでサーキット走行? なんて思う方もいるでしょうがこれが意外と楽しいんですよ。こどものころ遊園地でゴーカートに乗ったスリルと楽しさに似た感じです。

花粉により鼻水だらだらで集中力も続かず走るのはほどほどにしたんですが久しぶりのサーキット走行楽しかったです。ベンリィも最初「お 遅ッ!」って思ったけど非力なのを一生懸命走らすのもおもしろいものです。

カブやモンキーやベンリィといった非力なバイクをおもいっきり走らせてもらえるこういう機会があるのはほんとありがたいなーと思ってしまいます。

再会

きのうは雨ガエルさんがお店にひょっこり現れビックリしました。

なんの前触れもなかったので、ニコニコしながら「ども!」と言って立ってる雨ガエルさんをみて一瞬「はッ?」と思ってしまいましたよ~ 失礼しました。
昨年の夏にも来てくれて、そのとき以来だったので元気な姿をみることができて良かったです。

ツインリンクのコレクションホールを見に行くというので「じゃあランチ営業終わったらツインリンクまで行くから待っててー」と無理を言って待っててもらいました。

茂木の道の駅に移動し、しばしおしゃべりをしてこれから帰るという雨ガエルさんを見送りました。

P3110229.jpg
  もうここは日帰り圏内 と軽く言う雨ガエルさん

いつもながら旧友との再会的な心境になり不思議です。
まだ3度ほどしかお会いしていないんですけどね~ また逢いましょう
こんどはわたしが行く番かな・・


下見

このあいだの金曜日、息子のクルマを水戸までとりに行ったついでに県の運転免許試験場に下見ということで妻を連れていきました。

P3080226.jpg

ちょうどコース内を歩ける時間だったのでコース図をデジカメで写しそれに沿って歩いてきました。

P3080222.jpg

P3080225.jpg
 
わたしは大型のコースのほう
妻は小型のコースのほう

で、覚えらんね~
こんなのめちゃくちゃ苦手だあ~

道順覚えるの昔から苦手なんですよねー、だから逆に道を教えるのもすごく下手です。わたしに道を聞かないでください。

小型、中型、大型それぞれA,Bと2コースあるんで両方覚えなきゃならないのはハードル高いっすね・・・・下見で挫折感を味わいました(泣)

でも試験を受けに来ている人たちはクルマのほうを受ける人のほうが多かったけど、なんかいろんなひとがいておもしろかったです。
スーツをきたホスト風の若い男たちが数人。外人のひとも結構多くいて。チンピラ風の方。人生に疲れた・・といった感じの男性 等等なんかいろんなひとが集まっていて東京の繁華街に来たかと思うようでたいへん興味深かったです。

不動のエース

スーパーカブ110を購入して丸2年が過ぎました。
 
注文してから待ち遠しかった納車、そして納車後すぐの震災

ついこの前のことのようなずいぶん前のようなあいまいな感じもするんですが、このカブに乗るようになっての2年間はかなり濃いものがありますよ。
カブを買ってほんとによかったとおもってます。

毎日の足として経済性を充分実感さてくれる性能、ツーリングやサーキット走行までこなして楽しませてくれる趣味性。

趣味性といえば110に限らずカブをこよなく愛するひとたちがいっぱいいて、そういうひとたちとの交流もカブを飽きさせずますます魅力的に思わせてくれる要因ですねー、もしかしたらカブを買って一番よかったと思うことの筆頭かも。
いくらカブがらくチンだといっても真冬の寒空を毎日走るのは相当こたえます。でも、こういうときだってめげずにカブで走っているもっと寒い地域に住んでる人だっているんだ・・・雪の日も走るのはちょっとビビッてしまうけどほかにも今がんばって走っている人がいるはずだ・・・台風の日も強風に煽られながらもほかに走っている人たちがいるはずだ・・・・と思うとすごく元気づけられるんですよねー。
 
そういう仲間がいるというのはうれしいもんだなーとつくづく感じます。

これからもずっと、もしかしたら一生乗り続けていくんだろうなとおもいます。
「せっかく買ったのだから乗り続けなきゃ」なんていう気負いはまったくないんです。毎日当たり前に乗って、ごく稀に一日乗らない日があるとその翌日乗ったときに新鮮に感じることができてと、気の合う相棒のようなんです。

まあ、カブに乗るようになりバイクの魅力に惹かれて複数台所有になりましたが、カブの絶対的地位は変わってません。これがなきゃ話になりませんというほどです。でもほかのバイクもそれはそれで魅力があっていいし、もっとほかに増えちゃうかもしれないんですけどね~

それでもカブちゃまは嫉妬せず黙黙と働いてくれるでしょうねー

P3060217.jpg
 
不動のエース 110カブ

きれいは気持ちいい

前回のタイヤ交換時
タイヤをはずしていつも思うこと

P2280212.jpg

サビてんな~ オイ

毎回サビ落とししてるのにはずしてみるといつもこうです

いつもはあんまり傷つけないよう真鍮ブラシでこすってるんですが今回は「徹底してやるわよ」とマイナスドライバーとワイヤブラシでゴリゴリやりました。

で、きれいにサビ落としした写真は撮り忘れました。

P2280209.jpg

それとバルブ穴のところが切れそうになっていたリムバンドも新品に交換。

P2280213.jpg

新品リムバンドは1本200円もしないのでダメになってなくても前後とも交換してしまおうと思っていたのですが見てみたらフロントのほうはまだ大丈夫そう・・・・・数十秒こころの葛藤が続いたのですが結局交換できませんでした。《もったいない》の精神からです・・・・・

P2280215.jpg

それとスポーク
これも結構手入れして磨いてるんだけどなんだか変色しています
今回は時間に余裕があったのでスポーク磨きもしました
最初は気乗りしなく「わぁ めんどくせェーな~ あと何本あんだよ オイ」といいながらやってたのですが、だんだん乗ってきてピカピカに仕上げ、きれいになったホイルの写真は撮り忘れました。

車体も洗車してきれいになり気持ちよかったです。これも写真はとってないです。
そして昨日雨が降り「きれいになって気持ちいいなー」も一日だけで終わりました(泣)
プロフィール

パスタおやじ

Author:パスタおやじ
バイクは増えましたがメインは07カブ、10年10万kmをめざして乗り続けます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR