使えるうちは使っとけ

ダックス乙は夜店の中にしまっておくのですが、朝店に来て見るとなんかガソリン臭い

P2110979.jpg

キャブを見てみるとガソリンが漏れてますね~ こんどはダックスか(泣)

でもこの漏れかた・・・・・・・

ドレンから出ているわけでなく、コックから漏れてるわけでもなくキャブの上側のほうにまでガソリンが染みてます

合わせ面のパッキンがダメであってもそこより外の上側にガソリンが染みてくるわけもないし、だと合わせ面より上の漏れ出す可能性のある場所といえばエアースクリューの穴とアイドルスクリューの穴です

で、よくよく見てみるとエアースクリューの穴のところから染み出しているように見えます(画像の天辺に写ってるスクリューネジがアイドルスクリューでその右下にあるネジがエアースクリューです)

でもこんなところから染み出すなら先にオーバーフロー管から漏れるはずなのにどうして?

とりあえずまたキャブはずして分解ですね・・・・ダックスの親心でしょうかね、まあよく勉強させてくれます(笑)

P2130983.jpg

分解してみると漏れのもとの原因はわかりました

P2110980.jpg

フロートに穴が開いて浮力がなくなりガソリンがあふれたようです。フロートの中からガソリンが染み出してきます。
前回バラしたときには大丈夫だったはずなんですが?(どうもチェックがあまいようですね)

でもなぜ?オーバーフロー管を通してドレンホースから出てこないでエアスクリューの穴から? オーバーフロー管が詰まってる?

P2130982.jpg

いや穴通ししたけど詰まってる様子はないんですよね。
フロートに浮力がなくなってフロートバルブが閉じなくガソリンがどんどん入ってきてしまえばフロートチャンバー室のこの突起の穴からドレンホースを通して排出されるはず・・・・・・・

ここは名探偵コナンになったつもりで考えてみたらその謎がとけました

上の画像でオーバーフロー管はチャンバー室の左よりについてます
実際にエンジンにキャブが付くのも画像の位置のように手前がバイクのフロント側です
で、ダックスはセンタースタンドはずしちゃってるので止めるときはサイドスタンドで止めてます
すると左に傾いているわけでおのずとキャブも左に傾いた状態でオーバーフロー管側が持ち上がる感じになるわけです
ようはその状態だとオーバーフロー管の先端よりエアースクリューの穴のほうが低くなりそこからガソリンが染み出していたようです

P2110981.jpg

で、もともと付いてたキャブのほうのフロートは新しかったのでそっちと交換して問題解決。

まあ最初からこっちのフロート付けとけばっていうはなしなんですけどね

でも古いものに萌えるというか貧乏性魂というか、「使えるうちは使っとけ」というもったいない精神が染み付いてるんでこれはもうどうにもならないんですよ(笑)

でもあれですよ、これは自分で乗るバイクなのでメンテがいまいちでもじぶんにかえってくるだけなのでいいんですが、これが乗客を乗せて空を飛ぶ飛行機のばあいはわたしも徹底的にメンテしますよ、事がことなので「使えるうちは使っとけ」なんて言ってられないですから。フロートでもフロートバルブでもちょっと怪しければ即新品交換ですよ どうぞご安心を。

でもキャブ使ってないかな? まあそのまえに飛行機のメンテまかされることないか・・・・・・
スポンサーサイト

原因解明かな?

ダックスのつづきです。

P1200948.jpg
走っていてそんなにひどいかぶり症状はないのですがプラグを見てみるとこんな真っ黒でした

ただ、どうもアクセルの中間付近でもたつく気はします

P1200942.jpg
ということだとジェットニードルの作用域らしいのでちょっとはずして見てみることに
中古で買った純正キャブいちどバラして清掃したのですがジェットニードルまではバラしてませんでした

はずしてクリップポジションを見てみると


ム ムムムッ・・・・・・・・・


アレ~ ・・・・・・・・・

 
はて????


目が霞んで見えません・・・・・・老眼の症状が進んだな(泣)


最近では細かいもの見るのに虫めがね用意しとかないとなりません


そんなことはどうでもいいんですが、でどうだったかというと


P1200943.jpg

あらー ガスが濃くなるほうに一段下がってますね

これが原因でしょうかね・・・・・・

ノーマルキャブだからこんなとこいじってるとは思わなかった

一段上げて標準の位置に戻しましょ

P1200944.jpg

これで気持ちよくエンジンが回ってプラグもキレイに焼けてくれるといいんですがね

P1200946.jpg

ジェットニードルをスロットルバルブにセットしてキャブに戻します

P1210949.jpg

走行後
エンジンのもたつきもなくなってプラグもきちんと焼けてます
よかった これで様子を見ながらリングをなじませ全開にしていこうと思います

グレー

P1120936.jpg

前回のつづきですがエアークリーナーボックスをはずすにはキャブもいっしょにはずしてやらねばなりません。

じゃあどうせなら気になってた白煙の対策としてピストンリングも交換してみるかとおもいいっきにやってしまうことにしました。
P1170939.jpg
左のシリンダーがいままで付いてたもの、右が予備に持ってたもの
一見、いままでついてたシリンダーのほうが状態がいいように見えましたが、むしめがねでシリンダー内壁をよく観察し比べるとついてたほうの内壁は細かくポチポチとスがくってるように見えます。予備のほうはピストンによるたて傷が多いもののおおむね滑らかです。
まあ素人判断なのですが予備のほうのシリンダーを使うことにしました。

P1170940.jpg
リング入れは緊張するんですが折らずにセットすることができました

途中経過は省いてますが順調に組み上げました。

エアークリーナーもダックス甲のほうを見たらラバーホースがフレームの穴に向かい右上のほうに入ってました。
わたしはてっきり下を向くのかとおもい左下に向けていれてました

P1110926.jpg
本来ラバーホースの根元は接着されて動かないんですがこれは接着剤がとれてて360度回ってしまいます。なのでどの方向か分からなかった。

たしかに右上方向はスペースが空いていて口がつぶれることなく収まりました。

よっしゃー、ということでいざ試運転

エンジン掛けると白煙は・・・・・・・変わらないような。寒いから水蒸気かな?と思うことにして出発

P1180941.jpg

エンジンは前より小気味よくまわるような気がしました
とりあえずリングを交換したばかりなので押さえ気味にはしって少し離れたGSまでいきましたが大丈夫なようですね
帰りもエンジン愚図ることなく走ってこれました

しかし帰ってからプラグを見るとかぶり気味
ん~ なんだろう?
めいっぱい回してみないとはっきりしないけど白煙のほうもプラグのかぶりのほうもグレーゾーンですっきりしないですね(泣)



リセット

この季節でもエンジン一発始動、走ってる途中に止まってしまうことなどもうなくなったダックス乙ですが・・・・・・・
どうもねェー 気に食わないんですよ。
何がって、ノーマルキャブじゃないのが。
もとのノーマル状態で完調になってこそダックス乙再生への道が完結するのだとおもうからです。
その後どうしようとも一度リセットできていないとどうも納得いかない性分なもので(笑)

P1090922.jpg
なのではずしちゃいました
最初についてたノーマルキャブはどうも調子悪いので中古で70用キャブを手に入れました

P1120936.jpg
交換後
このノーマルキャブにすればノーマルマフラーとエンジンガードも付けられ元の姿にもどせます

P1120937.jpg
ノーマルマフラーにエンジンガード取り付け
これでこそ元のすがた

よしよしそれではとエンジンをかけてみるとどうも吹けあがりが悪い
エンジンは一発でかかってアイドリングも安定しているもののアクセル煽るとかぶる
プラグも真っ黒なのでエアスクリューをいっぱいに開いてみましたが調整しきれません?

あれ~ このキャブもダメなのか? とも思ったんですがふと気になるところが

P1110926.jpg
エアークリーナーボックスですが、L字に出張ってるラバーホースが空気の取り入れ口でそれがフレームの三角に開いたところにズボッとはいるのですがスペースがギリギリだしプラグコードやら燃料ホースやらもあるので押し込んだときにホースの口がつぶれて空気がうまく取り込めないのではないかと思い一旦はずして付け直すことにしました。

これでうまく直ればいいんですけどね
でも原因そこだとするともとのノーマルキャブもおなじ原因でキャブ自体問題なかったのかも

無駄な出費をしてしまったかな・・・・・・結果は後ほどで

今年も鮭が

寒くなり、川に鮭が上る時期なのでダックスで散歩がてら鮭を見にいってきました。

この近くには那珂川と久慈川が流れ両川とも毎年たくさん鮭が遡上します

PB210885.jpg
きょうは久慈川のほうへ
岸辺のありこちで鮭がバシャバシャやってる様子が伺えます

PB210882.jpg
水面から背ビレがでてます

PB210884.jpg
オスがメスに乗るようにして産卵の行動ですね

PB210887.jpg
あんまり近寄ると逃げるんですがじっとしてれば間近で産卵の様子がみられ、鮭も大きいんで迫力ありますよ

産卵を終えるとオスもメスも体力を使い果たして死んでしまうので川の中や岸辺には鮭の死骸がいっぱいです
今年生まれる稚魚も海へ降りて何年後かに戻ってきて産卵してと自然の営みが繰り返しずーっとつづいてるんですね

鮭にもなかには、「おれは海が好きだから川なんか遡上らないでずっと海で暮らすんだー」なんて人間のように自然に逆らうのがいるんでしょうか?

PB210881.jpg
橋を渡り反対側にふらりと寄ってみました

ここはかつて、日々ライテクを磨くために通ったカブ道の道場ですが、左上のこんもりとした竹やぶの反対側がいまの川原です。

「戻ってきたな~(消○署のひとに怒られて以来)数年ぶりに・・・・・」

でも産卵はしませんよ(笑)
プロフィール

パスタおやじ

Author:パスタおやじ
バイクは増えましたがメインは07カブ、10年10万kmをめざして乗り続けます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR